読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はだれ雪 上 (角川文庫)

はだれ雪 上 (角川文庫)

はだれ雪 上 (角川文庫)

作家
葉室麟
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-24
ISBN
9784041068045
amazonで購入する Kindle版を購入する

はだれ雪 上 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しいたけ

葉室麟が描く、もうひとつの忠臣蔵。武士であること、ひいては人であることを見つめ続ける流罪人、永井勘解由。預かる扇野藩では旗本である勘解由の扱いに迷い、接待役との名目で若き後家、紗英を見張り役に側に置く。二人の凛とした気の置きどころ。世の闇を知る勘解由の優しさ。詰められない距離。舞い降りる雪のように静かな想い。春の訪れを願うあまり、手のひらが湿り頁をめくりやすくする。時代ものの恋に、私は滅法弱い。

2018/10/27

エッちゃん

葉室さんということで借りてきた図書館本。忠臣蔵が背景に書かれています。浅野内匠頭の切腹前の遺言を聞いた為、扇野藩預かりとなった勘解由。接待役として仕える紗英。流罪の為、常に見張りが付くが、秘かにに訪ねてくる人たち…討ち入り後の二人が気になりながら、下巻に進みます。主人公の武士として矜持ある姿、やはり葉室さんです

2020/10/08

ユメ

浅野内匠頭の遺言を聞き届けたことで流罪となった永井勘解由という人物を主役に据え、赤穂騒動によって人生を狂わされた男の生き様を通して、討ち入りを義とする精神と向き合う。勘解由、そして赤穂浪士たち、命のやりとりを重ねてきた男たちが、本能的な死への恐怖よりも尊ぶものがある。命を捨てることをよしとするわけではないが、死してなお貫きたい信念がある意志の強さは美しいと思う。こんな男たちに惚れたところで平穏な幸せが訪れるわけがないのだが、そう知りつつ勘解由に惹かれるのを止められない紗英の心に、いつしか寄り添っていた。

2018/12/14

さよちゃん

「散り椿」を読んで、もう少し葉室さんの描く時代物に浸りたくて…。赤穂藩主浅野内匠頭の最期の言葉を聞いたという事で流罪となった江戸の旗本永井勘解由。その接待役兼監視役になった扇野藩士の後家となった紗英。なかなか機転が利く人で、そして勘解由もすごく好感が持てる(笑)今後の展開が楽しみ。下巻へ進みます。

2018/12/15

やじかな

読書部先輩からのオススメ本。葉室さんが描く忠臣蔵のお話。歴史物ですが、元が有名な話だけに、すごく読みやすい。大石内蔵助が主人公ではなく、浅野内匠頭の最期の言葉を聞いた、とされる永井勘解由を中心に進むお話。紗英との心の通わせ方もそうだし、赤穂浪士たちへの振る舞い方、武士としての矜持を感じますね。読み始めたらどんどん引き込まれてしまい、止まらなくなってしまいました。 久しぶりに葉室さんの本をいろいろと読み返してみようかな、と思いました。

2018/11/06

感想・レビューをもっと見る