読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

最後の晩ごはん 聖なる夜のロールキャベツ (角川文庫)

最後の晩ごはん 聖なる夜のロールキャベツ (角川文庫)

最後の晩ごはん 聖なる夜のロールキャベツ (角川文庫)

作家
椹野道流
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-22
ISBN
9784041068892
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ばんめし屋を訪れた中学生の少女。その目的は「幽霊に会うこと」。店員の海里たちは困惑し、幽霊など出ないと嘘をつく。一方作家の淡海が海里をモデルにした小説が完成。しかし彼は驚きの行動に出て……。

最後の晩ごはん 聖なる夜のロールキャベツ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

家族の想い、家族愛の素晴らしさを強く感じましたね。そして、海里と夏神の師弟愛が更に深まった感じの今作でした。今作は淡海先生がとんでもないことしでかして、てんやわんや(笑)いつまでも海里の成長と海里の選ぶ道を見続けたくなりますね。お決まりのパターンはお気に入りのキャラのロイドがビシッと決めた。今作に登場したカンナちゃんも次作以降も登場しそうで楽しみです。

2019/01/28

とし

最後の晩ごはん 「聖なる夜のロールキャベツ」11巻。ばんめし屋の常連、小説家淡海五朗さん海里をモデルとした小説だとテレビで発表マスコミにもまれ大騒動、心揺れる海里さん、最後に下した決断夏神大将の弟子でした良かった。

2019/03/17

タイ子

シリーズ第11弾。五十嵐海里をモデルに小説を書いた淡海先生が本の宣伝とともにTVで爆弾発言。海里が芸能界に復帰か?!記者たちに追われ、海里は実家に一時避難することにも。そんな時の夏神の頼もしい事!惚れ惚れしますわ。 そんなこんなで今回は幽霊は出て来んのかい!と思ってたら・・・。「ばんめし屋」に食事に来た少女の望み、それは父親に会って死の真相を聞くこと。切ない家族の事情と海里の今後の生き方を、夏神、ロイドとともにハートフルに展開。まだこのシリーズ続きそうですね。熱々のロールキャベツが食べたくなったなぁ。

2019/01/07

真理そら

♪クリスマスキャロルの流れる頃には君と僕の答えも~♪聖なる夜向きのお話だった。今回は話の進む方向が気になってお料理のことや幽霊のことを忘れそうになった。犬釘を打ってくれる誰かがいるということの幸せ…

2018/12/23

hirune

【Kindle】今回は幽霊なし…それっぽいものがちょっと出ただけでした。海里はお芝居の世界に帰りたいけど、お料理の修行するばんめし屋の生活も居心地が良いしって どちらも中途半端な感じがしますね😅どちらかを選び どちらかを捨てる決断の時は来るのかしら?最初の時海里を追い出して死ぬ思いをさせた兄ちゃんが未だにそれを後悔してると聞いて、そろそろ許してやるかなと思ってる私。。(^^;;

2019/01/31

感想・レビューをもっと見る