読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ゆっくりたっぷりパリ暮らし (角川文庫)

ゆっくりたっぷりパリ暮らし (角川文庫)

ゆっくりたっぷりパリ暮らし (角川文庫)

作家
松本百合子
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-24
ISBN
9784041069035
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

40歳で飛び込んだパリ暮らし。あらゆるギャップに日々悪戦苦闘、けれど街にあふれる音に耳を澄ませば、パリジャンたちのゆっくりたっぷり、へっちゃらな生き方が見えてきた――。一喜一憂のパリエッセイ!

ゆっくりたっぷりパリ暮らし (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinta

翻訳家業パリ住まいの日々エッセイ。 日本人の感覚を保ったままフランス人を接すると、このように混乱するよ、と暗喩ではなく素直に述べていらっしゃる。 いかに文化の異なる相容れない部分を自分の中に落とし込むか、という苦闘の歴史を垣間見るような、そんな本。 それにしても、汚いんですね、やっぱり。 世界一清潔というか潔癖病の日本人が一番分からないところかもしれない。

2019/02/17

you

この手の本にありがちな無意味に日本人のビヘイビアや日本を批判するフランスかぶれのエリート層のエッセイと思いきや、フランス・パリに憧れてようやく定住してはみたものの、やっぱり日本の繊細な感性が懐かしくホームシックになりかけているおばさん(失礼!著者の年齢は存じあげません)の本であった。著者は本当にフランス・パリが好きなんだろうか。不思議な読後感。

2019/02/17

感想・レビューをもっと見る