読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫)

作家
銀色夏生
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-24
ISBN
9784041069783
amazonで購入する Kindle版を購入する

秘密の花園作り つれづれノート34 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆきらぱ

銀色さん 幸せそう。東京でジムをして宮崎で庭造り。淡々と語るその生活は穏やかで、じっくり読んだ。以下二点、①「幸せについて」幸せだと感じるのはテクニックだ。そう感じられるように思考を調節する②「パワハラについて」逃げられない環境のなかで、黙認するしかないとなるとある部分感受性や良心を殺し自分も外から見ると変人になる。こんな人じゃなかったのに(略)あきらめてしまう 。っていうのに共感。銀色さんは風変わりなんだけど、それゆえ一匹オオカミとして賢く生きてて好きだ。

2018/11/06

かめぴ

好きな事をして好きな様に生きる。って物凄く大変なんだよなぁ、でもそれを感じさせない日々のあれこれ。

2020/02/05

りえこ

再読。東京と宮崎の生活。お庭楽しそうで良いなー。

2020/05/16

りえこ

お庭作り、素敵ですー。映画見たり運動したり、楽しそうで素敵な生活だなと思いました。

2018/11/02

hitomi.s

都会と庭の二重生活だって。夢中になれるものごとがあって、苦しくならない?丁度よさで楽しんでいる様子がなんともうれしい。何かを始めたい様子もある。銀色さんは、いつでも何かを始めたいんだろうな。どんな日記を今日は書いているのかしら。ここまでの付き合いだ(私が勝手に読んでいるだけだけど笑)、次も買うよ。

2019/02/27

感想・レビューをもっと見る