読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きのうの影踏み (角川文庫)

きのうの影踏み (角川文庫)

きのうの影踏み (角川文庫)

作家
辻村深月
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-24
ISBN
9784041069929
amazonで購入する Kindle版を購入する

きのうの影踏み (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さてさて

瞬間的に身の毛のよだつというよりは、考え込むと怖くなるといった13のホラー短編集。活字を読んでいるだけなのに強烈な視覚的インパクトの<だまだまマーク>。辻村さんのエッセイといった趣の<私の町の占い師>。そして、暗闇のどん底に救いの光が差すかのような辻村さんらしさを感じる最後の<七つのカップ>など、色々な趣向が詰まったこの作品。全体としては、結末の二歩手前で放り出されるというような展開が多く、怖いというよりイライラ感が募ることの多かったこの作品。最後の<七つのカップ>に辻村さんらしい救いを見た作品でした。

2021/04/09

しんたろー

辻村さんのホラーと聞いて、興味津々で手に取った…13編の短編集で長くても30ページ程なので、サクッと読めた…実話系、都市伝説系、日常の恐怖系など微妙にテイストが変わって面白いから一気読みできたのだろう。中でも『手紙の主』は似たような経験があるのでゾッとしたし、『だまだまマーク』は言葉の使い方の上手さに感心し、『ナマハゲと私』はイヤミス的な恐怖にニヤリ、『七つのカップ』で切なさ+優しさに唸らされた。突っ込みどころが多い作品もあり、ホラー好きには物足りないだろうが「流石の売れっ子作家だなぁ」と思わされた一冊。

2019/09/09

ゆのん

13編から成る短編集。ジワジワと怖さが増すようなホラー。どの話も先が気になってたまらない。特に面白かった『十円参り』一見仲良しな人の本心が見られやはり人間は怖いと感じ『手紙の主』は得体の知れないものの目に見えない存在にゾッとする。『ころしたもの』は何だったのかと想像するとヒェ〜となる。『ナマハゲと私』は途中で結末が分かったものの怖かった。短編というよりもショートショートに近く読み易かった。

2018/10/05

mariya926

うーん。久々の辻村深月さんと楽しみに読みましたが、ホラーが好きではない私としては苦行でした。それでもちゃんと最後まで読みましたが(笑)『この世にひそむ本物の怪異』だそうですが、もちろんどこかで起こりそう、ありえそうなのでヒヤってしますが「やぶれめ」ってのも納得です。中高生の多感な時期に読まなくて良かったーと思います。何か胸に残って何かあったら「まさか!?」と思わせる感じがあります。ちなみに一番怖かったのは『ナマハゲと私』一番作り話っぽく、一番ありえそう話なのに怖かったです。『手紙の主』も面白かったです。

2020/09/14

エドワード

辻村深月さんの柔らかい文章に誘われて読み始めた途端、ゾワッと怖い!最初の「十円参り」と「手紙の主」、無防備な読者はまずこの二編にやられる。子供の世界は、おばけやもののけと直につながっている。大人とは目線が違う。「噂地図」の、<正確に作ること><途中でやめないこと>という公式ルールや後追いルールという、懐かしさすら覚える言い回しが、実に子供らしい怖さをはらんでいる。「七つのカップ」の静かな余韻、辻村さんの体験談?「私の町の占い師」の微笑ましさが救いだ。扉の何気ない絵が可愛いようで不気味。夏はホントにご用心。

2018/08/31

感想・レビューをもっと見る