読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ことことこーこ

ことことこーこ

ことことこーこ

作家
阿川佐和子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-28
ISBN
9784041071014
amazonで購入する Kindle版を購入する

ことことこーこ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

タイトルの素晴らしさに拍手!母・琴子と娘・香子、母親の老いと向き合うのは辛いものですが、フードコーディネーターのお仕事の話題を絡め、明るく描いてあったのが救い。お薦めです。

2019/03/05

紫 綺

琴子と香子、初期のアルツハイマー型認知症になってしまった母とバツイチ娘の奮闘記。他人事とは思われず身につまされる。こんなに辛いなら、親より先に逝きたい!

2019/01/05

なゆ

琴子と香子。認知症の母親と見守る娘の暮らし。何か変だぞ?から、なだめすかして“もの忘れ外来”へ連れていき、せっかく順調な派遣のフードコーディネーターの仕事もこなさねばならない。派遣会社の社長や仕事仲間の麻有ちゃんが、すごく理解あって協力までしてくれるのは大きいな。でないと、負のスパイラルにのまれてしまうかも。最後はタイトルも絡めてうまく収まってて、琴子さんの反応にドキッとしたけどそれも覚悟してかなきゃなのね。我が母にはまだその兆候はないが、このテの本を読んでも他人事とは思えなくなってきた今日この頃である。

2020/06/10

nana

他人事ではない認知症。もし自分の親が認知症になったら、私の事を忘れてしまったら、と読んでいてしんどかった。 一人で抱え込むには大ごとすぎるので、香子のように周りに支えてくれる人がいてくれるとありがたい。 娘目線で読んでしまった。いつかは認知症という壁にぶつかるかもしれないし、必ず親との死別がある。今を大事に過ごしていきたいと思う。

2018/11/28

野のこ

昔の母が戻ったような感覚に包まれるって嬉しい反面すごく切ないとも感じました。私もアラフォーで年齢が近いので他人事ではないので読んでてしんどくなったけど、チャーミングな母とコーコのやりとりや最後のサプライズにじーんと感情が高まりました。自分の両親もこれから先どうなるか分からないけど毎日を楽しく過ごしてくれたらいいな。タイトルはお鍋のことことかと思ってたら、もっと素敵な意味だった。簡単トマトスープのレシピの簡単さにビックリ!試さねば!

2018/11/20

感想・レビューをもっと見る