読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モニター越しの飼育 (角川ホラー文庫)

モニター越しの飼育 (角川ホラー文庫)

モニター越しの飼育 (角川ホラー文庫)

作家
大石圭
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-24
ISBN
9784041071045
amazonで購入する Kindle版を購入する

モニター越しの飼育 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ココ(coco)

☆☆☆大石圭さん、2作目です。先日読んだ『アンダーユアベッド』が面白かったので、たまたま本屋さんにあった本作を読んでみました。ホラーではなく、リベンジポルノを扱った作品でした。自分を脅している人に好意を抱くとか、ありえないと思った。

2019/06/29

りょう(アイコン変更5)

初読み作家。名前は聞いたことある作家さん。。。母親から厳しく躾けられた加納凛は見た目も真面目で清楚な高校教師。しかし凛には誰にも言えないエロティックな密やかな愉しみがあった。その愉しみを「鈴木」と言う男に知られ窮地に追い込まれるが。。。これ角川ホラーよね?私は一体何を読まされてるんだ?これ、エロ小説やないかいっ、、、笑。性の描写が胸くそ悪く嫌悪感で流し読み。ムカムカイライラモヤモヤ〜でした。

2018/08/31

MINA

相変わらず著者の本は、エロ色は強いんだけど単なる官能小説ではなく大体がホラーの出版社から出ている。それは言い回しや表現がとても綺麗で、じわじわくる恐怖の中で映える官能がクセになるからなのかも。まぁそれ故か滅多に図書館には置いてくれないから買う訳です。ラストは良かったと思うし主人公のメンタルの強さもカッコいい。けど…このエロは萌えない。萌えっていうとそもそも違うかもしれないけど。ただただ屈辱的だし気持ち悪く思えてしまった。

2018/09/11

zuccalove

BOOK☆WALKERの無料。 久しぶりの大石圭さん。 グロさはなかった。性描写など嫌味がなくさらっと読めた。最後はもう少し良い展開が欲しかった。

2018/12/01

輝rin

私立高校で起きた一つの事件・リベンジポルノ。それに対応する女教師には誰にも言えない秘密があった。その秘密が漏れる時、教師は、教師である自分と自分自身の葛藤の中ので揺れて、負の連鎖が始まりだす。 読み方によってはポルノともなりうる展開でも、そうならないように語彙が選ばれている物語でした。 最後のエピローグ…もう少し先を予測できるように情報を盛り込んでくれた方が良かったかな?と個人的には感じました。

2018/09/04

感想・レビューをもっと見る