読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夕暮れ密室 (角川文庫)

夕暮れ密室 (角川文庫)

夕暮れ密室 (角川文庫)

作家
村崎友
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-22
ISBN
9784041072011
amazonで購入する Kindle版を購入する

夕暮れ密室 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らきむぼん@ミステリ・奇書好き

青春ミステリ。田舎の高校のバレー部マネージャーで、男子の憧れの存在である森下栞の死は不自然な点を残しつつも密室と遺書により自殺の線で捜査される。バレー部の仲間やクラスメイト達は疑念を抱き、独自に推理を始める。終始痛みを伴う悲壮の物語だが、どこか青春の爽やかさやもどかしさ、淡さや熱さを感じる。各章ごとに語り手が変わり、各々の想いが徐々に真相に迫る。終章にかけて全てのピースが揃い、導かれる唯一のロジックは本格のそれで、全編が無駄なく計算され尽くしていることに気づく。途中の「奇蹟」の推理とラストシーンが大好き。

2018/09/25

りこ

文化祭当日の朝、シャワールームで女子生徒が死んでいるのが見つかった。現場が密室だった上に遺書が残されていたことから警察は自殺と判断するが、彼女を知るクラスメイトたちは訝しむ。あの森下栞が急に自殺するはずがない。真実を突き止め彼女の無念を晴らすためにクラスメイトたちは動き始め――。青く不安定な日々の蹉跌が胸を鈍く痛ませる青春ミステリ。二重密室の謎がおもしろく、手口も動機も分からない犯行に頭を悩ませた。何人もの語りによって画が見えるパッチワークのような構成がとても好きだ。幕切れはあまりに印象的で、胸が痛い。

2020/09/04

シアン

圧倒的青春ミステリー。物語は生徒目線で進み、警察や科学捜査などの介入を抑え、高校生自らが謎の解明に乗り出す。青春故のほろ苦さや甘酸っぱさを感じつつも、妙に大人だったりするのも、謎解きの間にあっていい。フーダニット、ハウダニットだけでなく、それが明らかになった時の、高校生達がどう思い、考えるのかも見逃せない。

2018/11/28

ドットジェピー

登場人物達の年相応の青春時代の素晴らしさや儚さや葛藤などが伝わってくるミステリーだと思いました

2018/10/10

アツシカ

黄昏どき、見ることが出来なかった友人の顔の話でしょうか。ワンアイデアが軸になっているせいで全体にぎりぎりの歪みが見えるものの、そこ含めて青春の痛々しさを感じます。ってな感想は好意的に過ぎますかね。でも好きなんですよこういうの!やっぱり密室のハウがメインかなぁとは感じるのですが、僕にはそれよりか「奇蹟」の推理が魅力的に思えました。悲劇の中で、「見えたもの」でも「見るべきもの」でもなく「見たいもの」を見ようと願うのは許されていい。ラストを飾るコイントスも奇蹟(すなわち偶然)の象徴じゃないかと思います

2018/10/07

感想・レビューをもっと見る