読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月

作家
辺見庸
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-31
ISBN
9784041072271
amazonで購入する

月 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。久々の辺見 庸、著者は、こんな作品も書くんだというのが第一印象です。相模原市障害者施設19人殺害事件とクロスオーバーしてカオスのような小説でした。 https://book.asahi.com/article/11964940 ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。ドッテテドッテテ、ドッテテド。

2019/01/09

らぱん

ベッドの上の「にくのかたまり」であるきーちゃんの心の声が騙る物語だ。きーちゃんは嗅覚と聴覚で世界を捉え、他者との意思疎通はできない。詩的で哲学的な内面世界を辿っていく作業は、ひらがなの多用が読みにくさを増しているが、たどたどしい独特のリズムが幻想的な現実世界を描き出す。モチーフの使われ方がダイレクトで、やまゆり園事件が齎した強い衝撃と重い心境が甦った。物語には不可解な事象にカタチを与え腑に落とす力があると思うが、この小説はむしろ「わかったつもりになるな、考え続けよ」とストレートに言っているのだと思う。↓

2019/08/17

yumiha

次々と色を塗り重ねていくような文体、マスカットグリーンの闇にかげろうが何度もよぎる景色、体も表情も動かせないきーちゃんの内的世界が豊かに広がる・・・と油断していた。後半やまゆり苑を想起させる描写に、そっか、だから「さとくん」なのかと思い当たる。見逃したり、流したり、忘れたりしながら、善人らしく日々を過ごしている者へのイタイ問題提起の本だった。マスコミ報道によれば、極悪非道な「さとくん」だが、善人らしく装って暮らしている私たちの隠してきた本音の代弁者だと思い込んでいたとは・・・。

2019/06/08

たまきら

「もの食う人びと」で自分の価値観を投げ散らかすような文章に胸が苦しくなって以来、この作家さんの本はちらり読みしかしたことがなかった。…今回も絶対同じ気持ちになるのがわかっているのに読み、また同じような感情に苦しんだのに、それでもこの作家さんの新刊が出るたびに手を取るのは、彼が切り取る対象が自分が何度も自分の中で消化しようとした具象だったり事件だったりするから。全く納得できない切り取り方でも、同じことをじっと観察し、調べる視線が好きだから。…でもやっぱり苦しかった…。

2021/03/13

壱萬弐仟縁冊

暗黙の<やくそくごと>のページに目が留まった。第五条まである。第一条:自由闊達にふるまうこと。第二条:じつはあやうい実質についてヤボな議論をしないこと。第三条:そこにいないかのようにふるまうこと。第四条:小さなひとについて、ずけずけかたらない、かんがえすぎないこと。第五条:これらを上手に、なめらかに、スマートに、とぎれなく、やりとげること(65頁)。叙述はひらがなメインな感じなので、全体として誰でも読める気がする。ただ、内容は哲学的考察を読者に求められる。だれがいったのだっけ、にんげんの共同体の、

2019/07/21

感想・レビューをもっと見る