読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

つくもがみ笑います

つくもがみ笑います

つくもがみ笑います

作家
畠中恵
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-10
ISBN
9784041072288
amazonで購入する

「つくもがみ笑います」のおすすめレビュー

恋あり謎ありあやかしあり…アニメ化も話題のお江戸ファンタジー最新刊!

『つくもがみ笑います』(畠中恵/KADOKAWA)

 古い人形が意思をもって動き出す、というのは怪談の定番だが、人形に限らず長い時を生きた道具には魂が宿るという。優れた名品や人の想いのこめられた古道具が、100年の時を経て自由に話し動き回れる“付喪神”となり活躍するのが『つくもがみ貸します』(KADOKAWA)から始まる「つくもがみ」シリーズだ。著者の畠中恵さんといえば、病弱な若旦那と彼を見守る妖怪たちをめぐる「しゃばけ」シリーズ(累計840万部突破!)が人気だが、あやかしのかわいさと、彼らとの対比で描かれる切なさを孕んだ人間模様は、最新刊『つくもがみ笑います』(畠中恵/KADOKAWA)が刊行されたばかりの本シリーズも負けてはいない。

「つくもがみ」シリーズの魅力はなんといっても「時を経ること」にある。付喪神の話だけではない。付喪神とかかわる人間たちも、だ。

 物語の舞台となるのは、つくもがみたちが多数おわします出雲屋。深川の古道具屋兼損料屋だ。損料屋というのは、鍋や根付、ふとんなど、保有している古道具をなんでも貸し付けてくれる店のことだが、出雲屋…

2019/2/23

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

つくもがみ笑います / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

このシリーズは多分1作目は既読。ひさしぶりなので新鮮な感じで(笑)読み始めるも『しゃばけシリーズ』がちらついて・・面白くはあるのだけれど、それ以上ではない(辛口御免)好みと言うか推しキャラがいないからかもねぇ。このシリーズもどこまでも続くのかな?

2019/02/08

初美マリン

久しぶりに読んだつくもがみ、新しい仲間阿久徳屋、あくとくやなかなか頼もしく愉快なキャラクターで次回が楽しみになりました。

2020/07/08

あっか

つくもがみシリーズ最新作、第3弾。お江戸ミステリ&ファンタジーで連作短編集です。一作目で付喪神たちが存在をひた隠しにしていたのが嘘のように人間たちと会話して、しかもそれを知る存在が少しずつ増えているのが微笑ましい^^トイストーリーのように、モノたちがちょこまか動く姿を頭に思い浮かべながら読みました。今巻も良いキャラがたくさん登場。十夜も春夜もしっかり者キャラで、成長が楽しみです。寛永寺が出てきたけど、その内若旦那たちもチラッと登場しないかしら。笑 妖同士の邂逅を期待!

2019/04/08

付喪神ってこんなに前に出て来てたっけ、というのが最初の感想。読み進めて世代交代してたことに気付く。新キャラが強烈なのでシリーズ物っていう感じはしなかった。人と妖のほのぼのとした思いやりはこの作者らしい

2019/04/08

ぶんこ

2巻を先に読んでいたのですが、すっかり忘れていました。今回は出雲屋の十夜と悪徳屋の春夜が知り合い、春夜の養父久徳屋阿喜夜の強烈な個性に楽しませてもらいました。悪の親玉と自ら名乗りながら付喪神たちに優しかったり、捨て子に養い親を見つけたりと、良い人なのかな?その悪徳屋の出生も絡んだ武家と付喪神のイザコザが、結構面白い。100年間大事にされてきた器物は付喪神になれるとか。我が家にも100年越えの瀬戸物があるけれど、付喪神なのかな?

2019/09/07

感想・レビューをもっと見る