読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

つくもがみ笑います

つくもがみ笑います

つくもがみ笑います

作家
畠中恵
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-10
ISBN
9784041072288
amazonで購入する

「つくもがみ笑います」のおすすめレビュー

恋あり謎ありあやかしあり…アニメ化も話題のお江戸ファンタジー最新刊!

『つくもがみ笑います』(畠中恵/KADOKAWA)

 古い人形が意思をもって動き出す、というのは怪談の定番だが、人形に限らず長い時を生きた道具には魂が宿るという。優れた名品や人の想いのこめられた古道具が、100年の時を経て自由に話し動き回れる“付喪神”となり活躍するのが『つくもがみ貸します』(KADOKAWA)から始まる「つくもがみ」シリーズだ。著者の畠中恵さんといえば、病弱な若旦那と彼を見守る妖怪たちをめぐる「しゃばけ」シリーズ(累計840万部突破!)が人気だが、あやかしのかわいさと、彼らとの対比で描かれる切なさを孕んだ人間模様は、最新刊『つくもがみ笑います』(畠中恵/KADOKAWA)が刊行されたばかりの本シリーズも負けてはいない。

「つくもがみ」シリーズの魅力はなんといっても「時を経ること」にある。付喪神の話だけではない。付喪神とかかわる人間たちも、だ。

 物語の舞台となるのは、つくもがみたちが多数おわします出雲屋。深川の古道具屋兼損料屋だ。損料屋というのは、鍋や根付、ふとんなど、保有している古道具をなんでも貸し付けてくれる店のことだが、出雲屋…

2019/2/23

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

つくもがみ笑います / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

このシリーズは多分1作目は既読。ひさしぶりなので新鮮な感じで(笑)読み始めるも『しゃばけシリーズ』がちらついて・・面白くはあるのだけれど、それ以上ではない(辛口御免)好みと言うか推しキャラがいないからかもねぇ。このシリーズもどこまでも続くのかな?

2019/02/08

ぽろん

これ、前作があったんですね。読み損ねてました。でも、大丈夫。表紙の絵がとても可愛いくて、付喪神達にほっこりしました。阿久徳屋さんて、本当はいい人みたいです。春夜、十夜の出自が気になったけど、今が良ければそれで良いのかな。

2019/03/01

ぽぽ♪

久々のつくもがみシリーズ。出雲屋のつくもがみ達とは別のつくもがみが出てきて、ますます賑やかになりましたね。タイムスリップ(?)したり、幽霊退治したりと、相変わらず出雲屋のつくもがみ達は忙しい。今回、お紅の出番が少なくて残念でした。清次もサポートに徹してしまってるのも寂しいなぁ。息子の十夜は清次そっくりのしっかり者になって、つくもがみ達の扱い方も慣れた物になって頼もしかったです。

2019/02/24

みい坊

つくもがみシリーズ、初めの物語は読んだと思います。それから随分久しぶりにつくもがみ達と再開。賑やかで可愛らしい彼らの活躍に目を細めて読みました。1話の、つくもがみ誘拐事件から、不思議な世界へ潜り込める大江戸屏風。幽霊のでる大名屋敷。楽しくて一気読み。新しく仲間に加わった阿真刀、青馬、文字茶達。成長した十夜。今回、十夜と出会った春夜、春夜の義父、阿久徳屋。にぎやかになってこれからの展開が楽しみです。

2019/02/24

信兵衛

本シリーズ、私としては余り楽しめない、というのが正直な思い。 どこか窮屈な感じを受けてしまいます。

2019/02/01

感想・レビューをもっと見る