読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

機動戦士ムーンガンダム (1) (角川コミックス・エース)

機動戦士ムーンガンダム (1) (角川コミックス・エース)

機動戦士ムーンガンダム (1) (角川コミックス・エース)

作家
福井晴敏
虎哉孝征
形部 一平
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-26
ISBN
9784041072783
amazonで購入する Kindle版を購入する

「機動戦士ムーンガンダム (1) (角川コミックス・エース)」の関連記事

「これからガンダムに触れるならこの2作品から」 映画「逆シャア」「F91」の楽しみ方を『ガンダムエース』編集長に聞いた!

 名画チャンネル「シネフィルWOWOW」内の番組「世界がふり向くアニメ術」では、6月から3カ月連続で特別企画「日本アニメ史に残る3大名作」が放送されている。最終回の8月に登場するのは今年で40周年を迎える「機動戦士ガンダム」シリーズの傑作「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(以下、逆シャア)」(1988年公開)と「機動戦士ガンダムF91(以下、F91)」(1991年公開)である。

 本作は「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親、富野由悠季監督自らが手掛ける、シリーズの続編。「逆シャア」は、主人公アムロ・レイとライバルのシャア・アズナブルとの相克が描かれる。また「F91」は「逆シャア」から約30年後が舞台。宇宙で暮らす少年少女たちの戦いが描かれる。

「世界がふり向くアニメ術」では本編映像の前後に、アニメ・特撮研究家・氷川竜介氏による解説や、映画2作の監督・富野由悠季氏のインタビュー映像も放送されるので、視聴の参考に最適だ。

 そして本稿では、「機動戦士ガンダム」シリーズ専門漫画誌『ガンダムエース』の財前智広編集長へインタビューを実施。40周年を迎えたシリー…

2019/7/31

全文を読む

関連記事をもっと見る

機動戦士ムーンガンダム (1) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

ムーン・ムーンから始まる物語。UCの前に企画段階でボツっていたモノらしい。だからまたミネバか…

2020/05/16

トラシショウ。

宇宙世紀0092、「ガンダムZZ」で描かれた第一次ネオ・ジオン抗争の爪痕が未だ残る時代。機械から距離を置き自然主義に生きる少数民族・光族の忘れられたコロニームーン・ムーンで「外」への好奇心を抱えて生きる少年ユッタの日常は、撃破されたティターンズ残党の新型ガンダム頭部の飛来により変遷する。グリプス戦役で消息を絶ったクワトロ大尉=シャア・アズナブル捜索の密命を帯びたサフィラのシータプラスのメガランチャーの閃光が、交わる事のなかった運命を結び付けていく。「逆襲のシャア」「UC」へ繋がる物語(以下コメ欄に余談)。

2018/10/04

レリナ

ガンダムシリーズはほぼアニメのみ見ていたが、面白そうなので思わず購入。内容は買ってよかったと思える出来。ZZ以降の話が展開されており、面白かった。逆シャアにつながる話になっているわけね。絵は文句なしにうまい。モビルスーツ同士の戦いも迫力があってよかった。アムロも出ていたので再登場に期待。出てくるモビルスーツがカッコいい。主人公がどう今回の戦いに関与してくるのか、楽しみ。次巻に期待。

2018/10/12

Tenouji

なんとなく読んでみたのだが、ダブルゼータと逆襲のシャアの間の話し、ということで、なかなか面白そうだぞw。

2018/12/31

緋莢

お気に入りに登録している方の感想に興味を惹かれて、手に取りました。『機動戦士ガンダムZZ』と『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の間のストーリー。「ムーン・ムーン」は『機動戦士ガンダムZZ』に出てきた場所らしいですが、観てなくても全く分からないという事はないと思います。多分。宇宙世紀0092。スペースコロニー「ムーン・ムーン」では、人々は機械文明に頼らず、自然と共に暮らしていた。そこへモビルスーツの頭部とプレートが漂着し、コロニーが破損(続く

2018/11/03

感想・レビューをもっと見る