読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神さまのいる書店 冬を越えて咲く花 (角川文庫)

神さまのいる書店 冬を越えて咲く花 (角川文庫)

神さまのいる書店 冬を越えて咲く花 (角川文庫)

作家
三萩せんや
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784041073155
amazonで購入する Kindle版を購入する

神さまのいる書店 冬を越えて咲く花 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

シリーズ第2弾!まほろば屋書店に、新たなまほろ本メイ登場。だけど、繊細というか、ややこしいというか、訳ありすぎる。そんなメイを、自分なら、どうするか考えてしまいましたね。ヨミとサクヤの関係が天然ボケっぽくて微笑ましいね。ヨミ、気づけよ!とツッコミたい(笑)。ヨミの姉エイコの本にたいする愛情は素敵。後半は泣かされた。サヨナラは悲しいけど、お互いに想いをかなって別れるなら素敵だなと思います。自分が当事者なら、辛いかな。いや、堪えて前に進みたいですね。

2019/07/23

ありす

シリーズ2作目。1作目より面白かったです。とても暖かく優しい気持ちになれる本。特にまほろ本のマツおばあちゃんの語りが暖かい気持ちにさせてくれました。そしてブックカバーに込められた優しさにはうるっとしました。本作では新しいまほろ本仲間・メイが加わりましたが、彼女は自傷する本。ヨミのおかげでもうしないでしょうけど。まだまだ仲間が増えるかな?それとも読者を見つけて旅立っていくかな?ヨミの恋もちょっとだけ気になるところ。次作も楽しみです。

2019/10/08

アズマ

文庫版で再読です。ヨミとサクヤとの会話が甘いです。今回はエリコも結構出てきて、前作と少しイメージが変わった感じがします。メイがヨミとの関係で救われてよかったです。表紙のメイもすごく可愛いです。最後のブックカバーのシーンは何回読んでも印象的です。

2018/12/05

沙耶

今回のまほろ本・メイは自傷する本でした。傷ついてる時に必要なのは、止めるとかではなく、寄り添ってあげることなのかなって思いました。ヨミのそばにいるともっと癒されて安心できるのかなって思いました。ヨミの姉・エイコに素敵な本の思い出あると知って1巻で読んだ時の印象とは、変わりました。3巻も早く読みたいです!

2019/04/01

らび

ヨミの姉・エイコが幼い頃に出会ったまほろ本・マツとの別れと再会、そして再びの別れ・・ホロッとしますが再会できて約束が果たせて良かったです。まほろば書店には新しいまほろ本・メイがやってきますが、彼女は自傷する本でした。ヨミの側に居れば少しずつメイの傷が癒されていくのではないでしょうか。ブックカバーはとても良いアイデアでしたね。

2019/02/06

感想・レビューをもっと見る