読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

などらきの首 (角川ホラー文庫)

などらきの首 (角川ホラー文庫)

などらきの首 (角川ホラー文庫)

作家
澤村伊智
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-24
ISBN
9784041073223
amazonで購入する Kindle版を購入する

などらきの首 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

澤村 伊智は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。本書は、比嘉姉妹シリーズのホラー短編集でした。オススメは『ゴカイノカイ』&『などらきの首』の2作です。それにしても表紙のセンスのなさは、どうしたのでしょうか?KADOKAWAは、猛省するように。

2018/12/03

しんたろー

スピンオフ短編が6つ…比嘉姉妹たちの過去の物語はファンには楽しく、もう会えないと思っていた美晴に再会できたのも嬉しかった。カットアウトで終わって、余韻を持たせる手法もニクイ!怖さとしては『ぼぎわん』や『ずうのめ』に及ばなかったが、怪奇と風刺を織り交ぜる作風は健在でワクワクした…哀しさ&怖さのバランスが良い『学校は死の匂い』、そのまま『世にも奇妙な物語』に映像化できる『居酒屋脳髄談義』、著者らしさが最も強く感じた『などらきの首』の3作は満足!色々と意見はあるだろうが、このまま比嘉シリーズを突っ走って欲しい♪

2018/12/03

ポルコ

もちろんホラーではあるものの、謎解きミステリー色の印象が強い。先が読みたくなって、一気読みだった。

2018/12/13

ジンベエ親分

「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」に続く短編集。いずれも登場人物の誰かが比嘉姉妹や前二作の関係者。「居酒屋脳髄談義」が抜群に面白い。ミステリーのような話の運び方だが、最後はやはり怪異に結びつく。カス男どもをコテンパンに論破しながら引導を渡す"あのお方"のタンカに溜飲が下がる(笑) 「悲鳴」は誰が"関係者"か最初分からなかったが、分かった時はトリハダが立った。つか、本編より怖かった(笑) 野崎と真琴の出会いのエピソードもあり、盛り沢山で満足。全体的にミステリー脳を刺激される造りではあるね(^-^*)

2018/10/27

utinopoti27

本書はホラーテイストな短編集だが、澤村氏の過去作を読んでいないと、何だかまとまりがなく、もやっとした印象を受けるかもしれない。それもそのはず、これはいわゆる『比嘉姉妹シリーズ』登場人物たちのアナザーストーリーなのだから。ただ、全く肌触りの異なる6篇の話は、各々独特なオチと空気感があり、多彩な才能の引き出しが感じられて、ファンには嬉しい趣向だ。ちなみに、自分は起承転結のはっきりした、いかにも短編らしい表題作が好みだが、読み手それぞれのツボにはまる作品がきっとあるに違いない。作者の魅力が詰まったお得な一冊。

2021/05/27

感想・レビューをもっと見る