読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

宮廷神官物語 五 (角川文庫)

宮廷神官物語 五 (角川文庫)

宮廷神官物語 五 (角川文庫)

作家
榎田ユウリ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-24
ISBN
9784041074145
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

もう一人の慧眼児との勝負に負け、ニセモノとして王都を離れることになった天青。男装の姫君・櫻嵐とともに、旅芸人の一座に紛れ、天青は慧眼を使いこなす修行の旅へ出るが……。

宮廷神官物語 五 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

奇蹟の少年、天青が修行の旅へ!! アジアン・ファンタジー第5弾!

2019/02/03

よっち

もう一人の慧眼児との勝負に敗れ、慧眼を制御する力を付けるため王都を離れた天青。男装の姫君・櫻嵐とともに旅芸人の一座に紛れ故郷の村へと向かう第五弾。政敵への毒殺未遂という濡れ衣を着せられ、投獄されてしまう世継ぎの王子・藍晶。旅の出来事から自らの優先順位を自覚し、修行でまた少し慧眼の力を使えるようになって宮廷に復帰した天青でしたけど、さすが大臣たちは切り抜け方が上手いというか、追い詰めるには決め手に欠けましたかね。一難去ってまた一難というか、肝心の王があんな煮え切らない感じだとまだしばらく振り回されそうです。

2019/02/25

だりあん

表紙の櫻嵐姫大活躍の巻。たたみかけるように『一応姫君』『あくまで姫君』wwwお気に入りのツンデレ柘榴婆再登場。そして、天青…欲しいもの…ほしいもの…ほしいも…干し芋?駄洒落かーい‼️wwwラスト、真のラスボスの内緒話と、ドSな独り言…はやく続きをプリーズ‼️

2019/01/27

花宴

シリーズ第5弾。弱いもの順で助ける、という天青の言葉にじーんときてしまいました。成長したなあという感じ。鶏冠を守れる日も近い。それにしても腹立たしい景羅たち。王子を陥れようとするなんて。王様、もっとしっかりしてくれ〜って言いたい。しかし更に不穏な動きをする者達がいるようで…何がしたいのか、気になるところです。

2019/03/09

じぇりい

柘榴婆と櫻嵐、ある意味最強です。そして藍昌と赤烏の主従関係には尤利臭がプンプン。毎巻何処かにひっそり萌えポイントが(笑)裏で画策している2人はたぶん……?

2019/01/28

感想・レビューをもっと見る