読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

櫻子さんの足下には死体が埋まっている キムンカムイの花嫁 (角川文庫)

櫻子さんの足下には死体が埋まっている キムンカムイの花嫁 (角川文庫)

櫻子さんの足下には死体が埋まっている キムンカムイの花嫁 (角川文庫)

作家
太田紫織
鉄雄
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-22
ISBN
9784041074176
amazonで購入する Kindle版を購入する

櫻子さんの足下には死体が埋まっている キムンカムイの花嫁 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

シリーズ第14弾。史上最高に奇妙で美しい名探偵櫻子さんと僕の物語、最終章開始!!

2018/09/29

ponpon

シリーズ14巻。ばあやの故郷・上士幌町糠平を訪れる。その際に立ち寄ったタウシュベツ川橋梁(崩壊が進んでいて一回は見てみたい。)の近くで若い女性の遺体を見付けることに。警察は自殺としたが納得できない3人は独自に調査を継続することに。その過程で正太郎は法医学を志すことを決意する一方で、櫻子さんとの関係は整理できずにいて、なんとももどかしい。事件の真相はやはり不快極まりないもの。ここまで身勝手になれるものかと思う。花房について、驚くべきことが明かされ、いよいよ物語も終結が近い。次巻が待ち遠しい。

2018/10/20

dr2006

狭くて不安定な集団の中に「違和感」があると、人は本能的にそれを排除しようとする。今まで自分が読んだ小説で最長となった櫻子さんシリーズ第14弾。初めて読んでから5年付き合ってきたけど、作中では2年しか経っていない。但し主人公正太郎の回顧という形をとり、各話がちゃんと季節通り先へ流れて行く為、登場人物の変化や成長は時系列にわかる。他には無い分野を掘り下げたプロットは秀逸であり、骨ばったミステリーに加え、櫻子さんの天然妖艶なキャラがシリーズからの離脱を許さない。でも最近、北海道各地の紹介がじゃらん化してきたなw

2019/09/02

ままこ 🌸

シリーズ14作目。北海道はどこでも雪深いと思ってたけど地域によって積もり方が違うんだ。ばあやさんの生まれ故郷ぬかびら源泉郷に旅行に行ったのだが出かけ先で女性の遺体を見つけてしまう。自殺とされたのだが腑に落ちない正太郎は青葉さんの協力を得て櫻子さんと共に事件の真相に迫る。今回はどう花房が絡んでくるのかと思ったらラスト意外な展開が…。青葉さんも謎多き人。

2018/12/05

たかぃ

櫻子さん14作目。「キムンカムイの花嫁」、「夜啼く神は悪夢に唄う」の2本立て。主人公組の立ち入りすぎゎともかく(笑)、両話ともミステリィしながら最後に2話ぉリンクする書き口で、小説としてもまとまりぁる一冊だったと思ぃます(*'ω'*) ▼正太郎君ゎ櫻子さんぇの恋心ぉはっきりと自覚し、将来ぉ見据ぇ、今までの生活との乖離ぉ実感する。花房とのミステリィと並んで、テーマ性が深くなってきました。将来ゎ法医学者になってぃるょぉですが、まだひとふた悶着ぁる書きぶりですねコレゎ。新刊が楽しみです(*'ω'*)ノ

2019/08/20

感想・レビューをもっと見る