読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

涼宮ハルヒの陰謀 (角川文庫)

涼宮ハルヒの陰謀 (角川文庫)

涼宮ハルヒの陰謀 (角川文庫)

作家
谷川流
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-04-24
ISBN
9784041074206
amazonで購入する

涼宮ハルヒの陰謀 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ミクルが表紙だけど色んな陰謀が出てきている巻でむしろ何も知らないハルヒがチョコレートの件といいとっても可愛らしいな。

2019/08/09

NAOAMI

かなり特殊で相当ひねくれたツンデレ?ハルヒの陰謀は静かな助走を経て結構なオチを用意してくれる。しかし本線はキョンとみくる(みちる)の過去なぞり。突然、8日後の未来から現れ、さらに未来からの指令通りに事を運ぶお題。お互いに何もわからない状態で散々なミッションに挑む。時間移動やタイムパラドックスにあたふたしない達観のキョンが膨大な独白と共に楽しめる。積み残し案件を掘り起こしたラストなんか頼もしくなってくる。どこの所属かわからん敵対組織も登場し、未来か?宇宙か?なんて意味深なセリフもあり混乱と笑激は止まらない。

2021/02/09

ジロリン

何やら序盤から不穏な雰囲気を漂わせるハルヒ…と思ったら、こんなにキュートな〈陰謀〉だったのね♪なのに主人公であるハルヒを置いてけぼりで、周りでは様々な出来事やら陰謀やらが渦巻いてwタイトルに騙されてはいけない。やっぱり本当の主人公はキョンなんだよね。その本名を明らかにするのを頑なに拒む作者の思惑がようやく分かってきた。本当に本当の主人公は読者だ、と作者は言いたいわけだ。

2019/04/29

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

面白かった。現代版SF時間旅行物語。アリエヘンと思うたよ。

2019/05/17

鐵太郎

これは、「消失」のラストで「起きた事」をちゃんと起こすために時間を遡るキョンたちの顛末から始まり、一月から二月にかけて全編時間線を上り下りして、起きた事件・起きるはずの事件のつじつま合わせに奔走するお話。SOS団の面々、朝比奈みくる(小と大とみちる)、長門有希、そしていままでわりに活躍が少なかった古泉一樹が縦横無尽に活躍し、さらにド陽気なだけの人と思われた鶴屋さんが超大物であることが判明。とはいえ最後のシメはむろん、ずっと作戦を進めていた涼宮ハルヒでした。なるほど、たしかに「ハルヒの陰謀」だな、この本は。

2021/04/25

感想・レビューをもっと見る