読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戒名探偵 卒塔婆くん

戒名探偵 卒塔婆くん

戒名探偵 卒塔婆くん

作家
高殿円
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-02
ISBN
9784041074244
amazonで購入する

戒名探偵 卒塔婆くん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆのん

出版社から頂いたプルーフにて読了。タイトルからしてコメディ色満載に感じる。連作短編形式で書かれていて最初の方は確かにコメディ的で面白い。徐々に深刻な感じになりグッとくる話に繋がる。初読みの作家さんだったが軽過ぎず重すぎず読めた。

2018/11/13

たっくん

東京、麻布。江戸時代から某藩家老の菩提寺、臨済宗妙徳寺派秋王山金満寺。春馬は、兄住職代行哲彦から「不用家族のどぐされ慕何」と無理難題を押し付けられる日々・・整地して新規の墓地にするため、「この墓は誰のものか突き止めろ」、寺に貢献した篤志家の「埋葬場所を探せ」、手がかりは戒名のみ、しかし、春馬の同級生には有栖川学院高等部「古文化研究会」会長外場薫、人と呼んで「戒名探偵」がいた、薫の推理は見事。さらに仏教界イメージアップ作戦、映画配給会社創始者の生前戒名、遺産を巡る骨肉の争いに巻き込まれる・・軽く読め面白い。

2019/03/09

れみ

お寺の次男である高校生・金満春馬が、同級生の外場薫が、お寺と戒名にまつわる様々な出来事に出会うお話。戒名って名前の字を使ったりするのは知ってたけど、宗派によって決まりごとがそれぞれあるとか、今まであまり考えたことなかったなあ。それにしても外場くん、ものすごい知識量と推理力はともかく、エスパー?と思っちゃうところもあったり、謎な人物だなあ。冷たくあしらいながらも春馬を気に入ってそうなところもいいな。

2019/11/28

takaC

外場くん、超ブライト。いままで自分も良く知らなかった色々なことを知ることができた。

2019/01/30

kaz

読み始め、ん?シリーズモノの続編なのか??と思う。でも違うっぽい。それならなんで、こんな「皆様ご存知」的なキャラ設定。いや、知らんし、と思いながら、読む。ちょっと期待しすぎたかな〜。悪くはないけど。お寺の経営や今後については、ふむふむ。宗教の普及と、金儲けはベツモンやけど、当事者にとっては、金は要るでしょ。戒名に高低、上下、貴賎があって位があって値段が違う。信心の深さを寺への寄進額の寡多で計られてもね〜。

2019/04/07

感想・レビューをもっと見る