読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明日の食卓 (角川文庫)

明日の食卓 (角川文庫)

明日の食卓 (角川文庫)

作家
椰月美智子
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-23
ISBN
9784041074299
amazonで購入する Kindle版を購入する

明日の食卓 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

NADIA

椰月さん4冊目。心安らぐ物語ばかりだったので、この作品もそのような雰囲気を期待していたのだが、1P目から裏切られた(^^; ユウという名前の9歳の少年がひどい虐待を受けている場面。そして、9歳の「ユウ」という3人の少年の母親たちが交互に語り手となって物語は進む。冒頭の虐待を受ける「ユウ」はこの中の誰なのか?それなりに幸せそうな家庭が壊れていく様はとてもつらい。彼女たちが家族に抱く不満・憎しみがとてもリアルだ。彼女たちの我慢が限界を超えた瞬間、私も子供に掴み掛る自分を見た思いがした。子供いないけど。

2020/02/10

バネ

この作品を自らの日常と照らし合わせると痛い程に、嫁の、母親であるコトのしんどさ、ソコからどうしても発生してしまう子供へのイラつき、行き場のない怒りが、避けられないものであるコトを実感出来る。そして、嫁が常にイライラしているコトを、夫である父親が本当の意味で理解出来ないのも、解る気がする。だからこそ、そんな嫁の状況を少しでも理解して受け入れるコト、せめて子供には無条件に優しく接していくコトが、父親の勤めなのかと。コレ読んで簡単に「イライラしなさんな」なんて言えなくなった。色々な「気づき」を得るコトが出来た。

2019/03/19

kei302

これは、どの“イシバシ ユウ”のことなのかと不安でページを繰る手が止まらない。途中で気づく。どの家族にも当てはまる、一歩間違えれば起こりうることなのだと。加奈と勇と児相の相良さんとの会話に、『ええ話や・・』と思っていたら、文庫解説:上野千鶴子氏にばっさり切り捨てられた。 圧巻の母親論。ここに視点を当てるのか! と、目が覚める思いがした。本編を読んだ感動を吹き飛ばされた。辛辣で、清々しいしい。「世の中の夫や父親に対する警告の物語」椰月さんのコメントが厳しく響いてくる。

2020/06/17

さおり

別々の場所で、別々のイシバシユウを育てる3人の母親。それぞれに、それぞれの事情で追い詰められていく。そこに、小学3年生のイシバシユウが母親に殺されたニュース。事件を起こしたのは、どの母親か。もうねー、先が気になってどんどん読んじゃったよ。気になるって言うかね、心配で。母も子も。私は子育てをしたことがないくせに、けっこうな数の親子の相談にのっています。子育てをしない人生になると思ってなくてこの職を選んだから仕方ないんだけど、なんかごめん、って思っています、日々。楽をしてごめん、って。

2019/11/22

ピロ麻呂

冒頭で小学3年生の「ユウ」君が母親から虐待されて死亡する事件…そして同じ同姓同名の「ユウ」君を育てる3つの家族が交互に描かれる。ある家族は比較的裕福で賢いひとり息子「ユウ」君を。ある家族は夫婦それぞれ独立して仕事をし、ケンカが絶えない兄弟の兄「ユウ」君を。ある家族は母子家庭で貧しい生活を送りながらも、母親を助ける「ユウ」君を。どの家族が「ユウ」君を虐待してしまうまで追い詰められるのか…気になって一気読み。この手法は吉田修一「怒り」と一緒やね。

2019/03/17

感想・レビューをもっと見る