読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)

作家
藤木稟
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784041074480
amazonで購入する Kindle版を購入する

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

青蓮

四編の短編集。さっくり読めます。平賀&ロベルトはいつもの二人でした。ジュリア&ルッジェリも同じく。グルメって…(汗)あのフルコースはいいかな(汗)エリザベートが格好いい。エリザベートの話しをもっと読みたいな。シン博士が可愛いです。シン博士ファンは必読かもしれません。次の短編集はローレン出てきそうなので楽しみ。次は長編かな?

2018/12/15

さくりや

平賀が平賀だった(つまりギャグ回)。シン博士に怖がられているところが1番笑った。ロベルトの人物としての奥行きが巻を追うごとに深まっていくなあ、典型的な毒親持ちの性格だけれど死に急ぐなよと心配になる。「マスカレード」にしろこの前のマギーの話にしろ藤木さんは意外とハードボイルドがハマる気がする。そして上司にすら一杯食わせる至高のヒールに弱いのだった。うーんやっぱ文章のテンポの悪さが気になるなあ、好みの問題かもしれないが。

2018/11/22

たち

短編集なので、どの話も「もっと‼」と言いたいです。物足りない…。ですが、仮面を被ったエリザベートと、ビルの母親(?)エミリーの、腹の探り合いと言葉の応酬には、笑いました。もしかすると、嘘から出たまことになりそうで面白いです。続きを早よっ!

2018/12/04

眠る山猫屋

楽しめた!『ベアトリーチェの踊り場』は正当なミステリー、特異色を持つ人々が宝飾業界に適性を持ち得るというのは納得。彼らはどんな色彩を感じるのだろう。ジュリアのおもてなしには戦慄。いやいやいや凄いおもてなしだよ、そんなもの食べさせますか!そして一番好きなのは『マスカレード』かな。ビルの母とエリザベートの駆け引きが白熱の鍔迫り合い。まさにマスカレード、いやぁ怖い。て言うかビルが可哀想。最後のシン博士の物語では、やっぱりロベルトが被害者だった。常識人がやっぱり被るんだね。

2018/12/30

カナン

四つの短編集。老舗宝石店を襲う首なし死体のベアトリーチェ嬢の幽霊、甘美なカニバリズム、複数の仮面を使い分ける美女の生き様にジャイナ教の敬虔さまで、これまでの短編集で最も良い出来であると思える一冊。名指しでオバマ氏が貶されているのには苦笑しましたが、残酷な美しさを纏うジュリアに、落ち着いた繊細な色香を漂わせるロベルト、天真爛漫で聡明な平賀、愚直でありながら性根の良さを隠せないビルに、情の厚さと無垢さを感じさせるシン。各々の個性を存分に楽しめる一冊。副題の語感もしっくり。天使と堕天使は果たして誰なのでしょう。

2019/10/04

感想・レビューをもっと見る