読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)

作家
藤木稟
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784041074480
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

さる宝石商が、呪いの宝石に悩んでいるという。処刑された悲劇の女性、ベアトリーチェ・チェンチが所有していたという曰く付きの宝石で、幽霊の目撃者や死者まで出ているらしい。平賀とロベルトは、その呪いを解くことができるのか。(「ベアトリーチェの踊り場」)
ジュリアが上司、ルッジェリのために催した豪奢な宴には、恐るべき秘密が隠されていた。(「素敵な上司のお祝いに」)
ほか、FBIのビル捜査官やシン博士も登場! シリーズ本編とも密接にリンクする、必読の短編集第4弾!

バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

平賀、ロベルト、ジュリア、シン博士──人気キャラの魅力満載の短編集第4弾

2018/12/10

たち

短編集なので、どの話も「もっと‼」と言いたいです。物足りない…。ですが、仮面を被ったエリザベートと、ビルの母親(?)エミリーの、腹の探り合いと言葉の応酬には、笑いました。もしかすると、嘘から出たまことになりそうで面白いです。続きを早よっ!

2018/12/04

眠る山猫屋

楽しめた!『ベアトリーチェの踊り場』は正当なミステリー、特異色を持つ人々が宝飾業界に適性を持ち得るというのは納得。彼らはどんな色彩を感じるのだろう。ジュリアのおもてなしには戦慄。いやいやいや凄いおもてなしだよ、そんなもの食べさせますか!そして一番好きなのは『マスカレード』かな。ビルの母とエリザベートの駆け引きが白熱の鍔迫り合い。まさにマスカレード、いやぁ怖い。て言うかビルが可哀想。最後のシン博士の物語では、やっぱりロベルトが被害者だった。常識人がやっぱり被るんだね。

2018/12/30

青蓮

四編の短編集。さっくり読めます。平賀&ロベルトはいつもの二人でした。ジュリア&ルッジェリも同じく。グルメって…(汗)あのフルコースはいいかな(汗)エリザベートが格好いい。エリザベートの話しをもっと読みたいな。シン博士が可愛いです。シン博士ファンは必読かもしれません。次の短編集はローレン出てきそうなので楽しみ。次は長編かな?

2018/12/15

さくりゃ

平賀が平賀だった(つまりギャグ回)。シン博士に怖がられているところが1番笑った。ロベルトの人物としての奥行きが巻を追うごとに深まっていくなあ、典型的な毒親持ちの性格だけれど死に急ぐなよと心配になる。「マスカレード」にしろこの前のマギーの話にしろ藤木さんは意外とハードボイルドがハマる気がする。そして上司にすら一杯食わせる至高のヒールに弱いのだった。うーんやっぱ文章のテンポの悪さが気になるなあ、好みの問題かもしれないが。

2018/11/22

感想・レビューをもっと見る