読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)

夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)

夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)

作家
三部けい
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-04
ISBN
9784041074817
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

兄・一登が生きてる!喜ぶ千里は一登と再会に向けて行動し始める。だが希望を持ち始めた矢先、衝撃的な情報が千里を襲う。それは生き延びた兄が「殺し屋」として警察にも闇社会にも追われているという事実だった…!

夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「生きてた・・・一登」。「あの日の鉄塔」で確かに見た、13年ぶりの双子の兄・一登との「視覚共有」。彼との再会=恵南に指摘されていた「明日を想う心」を得た筈の千里に去来する違和感は、やがて暴漢達の形をとり彼と瀬島ら仲間達にまで襲い掛かる。これまでの「芝居」なんかではない「本職(プロ)」による本物の暴力に徹底的に痛めつけられながら、千里は一登との関係の決定的な「変化」を理解する。一登を追う刑事・駒津の部下・若園との出会いが彼にもたらすものは何か。ヒリつく緊張感と容赦なき暴力が満ち溢れる(以下コメ欄に余談)。

2018/12/05

JACK

☆ お互いに危機が迫った時、相手の見たものが見える、視界を共有する事が出来る双子、一登と千里。右手に「火」の字が書かれた「火の男」に家族を殺され、一登も殺されたと思っていた。しかし、千里は10年ぶりに一登の視界を共有した事で彼が生きている事を知る。一登はどこにいて何をしているのか、なぜ自分に会いに来ないのか。千里は必死で一登を探すが、彼の前に不審な人物が次々と現れるのだった…。続く暴力、自分たちの無力さ、分からないことだらけの閉塞感。先が気になるサスペンスです。

2018/12/08

しましまこ

兄ちゃんいつ出てくんだよー!

2018/12/05

あこさん

待ってたよー、一登にたどり着くためとはいえ 千里は自分を危険にさらしすぎる。チンピラ友達や恵南も巻き込むのはよくない。まだまだ謎が多い。先が楽しみ。

2019/01/26

まゆにゃ

家族読み単行本購入。一登の手掛かりをつかんだ?も、相変わらず殆ど訳がわからないがままに、不器用に暴力に暴力で立ち向かいもがき続ける展開で、見ていられないという意味合いで、読むのがしんどい。これだけの悪意と暴力に塗れても心折れない千里は立派にヒーローなのだろうけど、碌でもない結末しか待っていないようにしか思えず、先が楽しみなどととてもじゃないけど言いにくい。頑張って読みます。

2018/12/08

感想・レビューをもっと見る