読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベルと紫太郎 第一巻 (単行本コミックス)

ベルと紫太郎 第一巻 (単行本コミックス)

ベルと紫太郎 第一巻 (単行本コミックス)

作家
伊田チヨ子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-24
ISBN
9784041075180
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ベルと紫太郎 第一巻 (単行本コミックス)」の関連記事

「大晦日にお金がない!」『ベルと紫太郎』第4幕【連載】

時は大正、処は東京。上野黒門町の長屋で同棲する、浅草の芝居小屋女優・ベルと、ベルの大ファンで恋人(?)の財閥三男坊・紫太郎。 お隣さんにもその関係が「?」な二人のふわふわ同棲4コマ!

<第五幕に続く>

2018/10/30

全文を読む

「ベルの恋人は“バカ旦那”!?」『ベルと紫太郎』第3幕【連載】

時は大正、処は東京。上野黒門町の長屋で同棲する、浅草の芝居小屋女優・ベルと、ベルの大ファンで恋人(?)の財閥三男坊・紫太郎。 お隣さんにもその関係が「?」な二人のふわふわ同棲4コマ!

<第四幕に続く>

2018/10/29

全文を読む

関連記事をもっと見る

ベルと紫太郎 第一巻 (単行本コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

レンタル。大正浪漫漂う4コマ漫画。浅草の舞台女優・ベルと、彼女のファンで財閥の三男坊・紫太郎の貧乏長屋暮らしの悲喜こもごも。当時の文化や流行が意外なくらい事細かに描かれていて、興味深かった。天然な2人も可愛い。ハイカラでモダンでほっこり♫

2020/07/18

Piichan

大正時代の生活や文化がよく描かれています。華やかなところだけでなく影の部分にもしっかり触れているのはよいと思いました。

2018/10/26

aki

好きな時代〜〜!!大正、、、恋愛要素もっと入れてくれてもよかったけどそれより文化面推しなのよね〜〜〜それも好き。

2020/04/01

ちり

舞台女優ベルと財閥御曹司である紫太郎の貧乏長屋生活4コマ。この二人の関係が恋人というにはストイックすぎて、一体なんだろう?と思っていたけどちゃんと恋人でした。不思議なこともたまに起こるけど大正時代の日常生活がメイン。この頃の洋装は可愛いですね。

2018/10/29

YS-56

はいからですねぇ。次巻も楽しみです。

2018/10/30

感想・レビューをもっと見る