読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

真夜中のオカルト公務員 第9巻 (あすかコミックスDX)

真夜中のオカルト公務員 第9巻 (あすかコミックスDX)

真夜中のオカルト公務員 第9巻 (あすかコミックスDX)

作家
たもつ葉子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-22
ISBN
9784041075975
amazonで購入する Kindle版を購入する

真夜中のオカルト公務員 第9巻 (あすかコミックスDX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ネムコ

晴明がなぜ琥珀を助けたのか? あまりに壮大な心配のためだった。4月からアニメも始まるみたいで、いろいろ楽しみ(^_^)v

2018/12/28

ミキ(←ツイッターと同じにしました)

久しぶりの再読。過去編(平安時代)の続き。ケツァルコアトルとウェウェコヨトルの双子の兄弟対決を1000年後に先送りし、砂の耳を1000年後の子孫に託す安倍晴明。突然飛び込んできた異国の神にそこまでするか!って感じだけど、この件に関しては琥珀に見返りを求めないのが友達っぽくて良いね。新にとってはとんだ災難だけど。そんな新も幽霊は怖い(笑)シルキーちゃんのお話はホンワカしてて可愛いなぁ〜と思ってたら…。

2022/07/31

しゃちおおかみ

砂の耳、呪として残したものだったんだ。DNAで出てくる身体的特徴みたいなものだと思ってた……。コヨーテから晴明方向の愛情表現を見ると、決して人間目線のとは重なってないんだけど、晴明は友達として許容して未来まで繋げてる。過去編の趣旨を最後の最後にようやく思い出した(笑)、だから彼、晴明って話なのね。バステトと知り合いとか、鬼灯様浮かんでしまった。コヨーテさんも地獄訪れればいいのに。バンシーは榊さんを閉じ込めたりしないか、ちょっとハラハラ。なぜか、単純なエンディングくるとは思ってなくて。そして別のコワイノキタ

2019/01/19

フジ

晴明とコヨーテの過去編、完結。晴明格好いいですね。そして、いつものアナザーと対峙する日常です。アナザー案件が解決して安心した矢先、不穏な終わり方をしています。続きが気になりますね。

2018/12/27

コウスケ

j次男「呪いとかマジ迷惑」 メジェド様いたーーーー!

2019/09/07

感想・レビューをもっと見る