読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

蠕動で渉れ、汚泥の川を (角川文庫)

蠕動で渉れ、汚泥の川を (角川文庫)

蠕動で渉れ、汚泥の川を (角川文庫)

作家
西村賢太
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-24
ISBN
9784041076460
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

『17歳の失敗は、人生の失敗じゃないのだ』と
貫多は私に教えてくれた――湊かなえ氏


こんな青春も、存在する――17歳。中卒。日雇い。人格、性格に難あり。しかし北町貫多は今日も生きる――。無気力、無目的に流浪の日々を送っていた貫多は、下町の洋食屋に住み込みで働き始めた。案外の居心地の良さに、このまま料理人の道を目指す思いも芽生えるが、やがて持ち前の無軌道な性格から、自らその希望を潰す行為に奔り出す――。善だの悪だのを超越した、負の青春肖像。渾身の長篇私小説! 解説・湊かなえ

蠕動で渉れ、汚泥の川を (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とし

こんな青春も、存在するとあるとおりその日暮らしを繰り返す17歳が主人公の作品。日雇いや短期バイトでお金をもらうと酒や遊びに散財して、家賃も平然と踏み倒す主人公。このような自堕落的な生活から抜け出すために、洋食屋に住み込みで働く主人公。月給制で働きお金を貯めて生活をあらためようとするもいつもの性格から破綻してしまう。西村さんの作品は私小説であり、本作品も自身をモデルにしているところもあると思われますが、いろいろと笑いありの話でした。深刻な話でありますが、ユーモラスであり逞しく憎らしい主人公が面白かったです。

2019/02/13

みやったー

まだ藤澤清造作品も秋恵の存在も知らない頃の、痛々しくも切ない、貫多・青春編。17歳にして、小心者でありながら根がスタイリストな人格は完成済み(?)。貫多ものの作品では毎度のことながら、貫多と周囲の人々の、危うい感情のキャッチボールは読んでいて冷や汗もの。結句破局を迎えるとわかっている物語に、つい引き込まれてしまうのは何故なのだろう。

2019/01/30

青菜結

中学卒業後フラフラとしていた中、ひょんなことからレストランで働くことになり、人生逆転を狙う貫多の青春譚。根っからの捻くれ気質は少年時から変わらず、今時も、貫多がコンプレックスに裏打ちされた居丈高な態度でもって、周りの信頼を失っていく様が描かれている。長編でも西村節は健在であり、少年貫多の小悪党ぶりが輝る文章で楽しませてくれるため、期待通りの良い作品であった。

2019/02/03

感想・レビューをもっと見る