読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

グアムの探偵 2 (角川文庫)

グアムの探偵 2 (角川文庫)

グアムの探偵 2 (角川文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784041076736
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

第一話 スキューバダイビングの幻想
第二話 ガンビーチ・ロードをたどれば
第三話 天国へ向かう船
第四話 シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート
第五話 センターコート@マイクロネシアモール

グアムの探偵 2 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

リゾート地でありながら基地の島でもあるアメリカ準州のグアムでは、日本では想像もできない事件が発生する。そんな謎の数々に日系人3世代探偵・ゲンゾー、デニス、レイが挑む、全5話収録の短編集!

2018/12/06

九月猫

前巻と同じような1話2話ときて(1話めはある意味ダイナミックだったけど)、3話めからぐんとエンタメ度が上がった。地上300フィートに浮かぶ船!そこに閉じ込められた男女5人。うち一人はレイ。船を地上に下ろせるのは島に1台しかない巨大クレーンだけ。しかしそのクレーンには信頼が置けない背景が。船を吊り下げたケーブルの耐えられる時間は残り少なく……密室とタイムリミットもののドキドキはらはら、心配しきりのデニスと泰然としたゲンゾー。面白かった。今巻はデニスメインのお話があったので、ゲンゾーメインも今後あるのかしら?

2019/03/16

ぽぽ♪

親子三世代の探偵がそれぞれかっこいい。グアム事は全く解らないので、ガイドブックには載らない裏側みたいなのが面白い。軽く読めるのも良いですね。3巻も楽しみです。

2019/01/02

nayu

なかなか刺激に溢れているのはグアム島。    全編において探偵が大活躍。     知的な味わいとは言い得て妙だ。      面白かった。

2019/01/15

よっち

日本では想像もできない事件が発生するグアムで、そんな謎の数々に日系人3世代探偵ゲンゾー、デニス、レイが挑む第二弾。消えたスキューバダイビングの真相、ガンビーチ・ロードでの盗難事件、5人の男女が監禁された地上100メートルに浮かぶ船、デニスが挑む意外な殺人事件、爆破事件の真相など、日本ではあまりなさそうな意外性のある事件や発想が展開は今回も印象的で、盗難事件に遭遇し悲しみのまま帰国しようとする女性のために奔走するレイと切なくなる結末など、三世代それぞれの良さが感じられる探偵劇にはぐっと来るものがありました。

2019/01/04

感想・レビューをもっと見る