読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

深夜曲馬団 新装版 (角川文庫)

深夜曲馬団 新装版 (角川文庫)

深夜曲馬団 新装版 (角川文庫)

作家
大沢在昌
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-12-24
ISBN
9784041077535
amazonで購入する Kindle版を購入する

深夜曲馬団 新装版 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅー

★★冒頭の『鏡の顔』は別の短編集で読んで傑作だと思った。だがそれ以降の作品は正直なところ好みではない。昭和の「大人の男のお伽噺」みたいな感じがしてしまう。こういうのがカッコいい時代だったのだろうな。荒唐無稽なアクションならそれに徹してもらえばよいのだが、中途半端なリアルを売りにするところが何だかアンバランスに見えてしまうのだ。もちろん大沢親分のことだから描写も構成も見事で読んで損はない。単に今の自分の好みの問題であり、その後の新宿鮫シリーズなどでの活躍ぶりを知っているからこそ感じる物足りなさなのだと思う。

2021/06/24

sorriso

大沢さんの作品は全て読んだと思っていたが、これは初めてかも。人の顔が怖い殺し屋の話は、なんとなくわかる気がした。黒人の殺し屋マービンのシリーズも良い味を出している。

2021/02/14

感想・レビューをもっと見る