読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バベル九朔 (角川文庫)

バベル九朔 (角川文庫)

バベル九朔 (角川文庫)

作家
万城目学
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-23
ISBN
9784041077627
amazonで購入する Kindle版を購入する

バベル九朔 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

以前読んだ単行本がかなりの分厚さだったのに文庫本はごく普通の厚み。中味の違いが気になり、単行本との併読で読み比べ。雑居ビルの管理人をしながら小説家を目指す主人公が謎のカラス女と出会うところから始まるお話ということとだいたいの展開もほぼ一緒だけど、中盤からの章立てが異なってる部分はかなり改稿されていて、そのせいか読みやすくまとまっている感じ。そのために大九朔氏の力の源についてスルーする形なのは、別にそれがなくても読むことはできるんだけど、少しだけ疑問かなあ。

2019/12/07

三代目けんこと

ブルース・リーが、本書を読んだらこう言うだろう。「Don't think! FEEL!(考えるな!感じろ!)」。

2019/10/21

おかむー

独自のファンタジックな設定からすれば面白くなりそうなものだが、序盤のモタツキと終盤のモヤモヤが強めですっきり楽しいとはならなかったな。『もうすこしです』。展開上必要なのはわかるがカラスや少女とのコミュニケーションが成り立たないやりとりがやけにイライラ。大九朔がバベルを必用とする理由はわかるが、カラス(側)がバベルを作らせたうえで“清算”する理屈がわからない、俺が読み取れなかっただけなのかな?巻き込まれ型主人公ではよくある、終盤で突然主人公が“目覚める”パターンも今作ではやけに気に障ってしまったなぁ。

2019/04/13

saga

祖父の建てた築38年の5階建てテナントビルに管理人として居座りつつ、小説家を目指す主人公。ビル管理の情景から始まる物語だが、入居している全店舗に空巣事件が発生してから、思わぬ方向に進み出す。カラス女、「扉」を介した異次元のバベル、死んだはずの祖父・大九朔の登場に、主人公は翻弄される。敵・味方が終盤まで分からない展開は面白かった。しかし、最後のオチはどうだろう? これだと無限にループすることになり、モヤモヤ感が残るものだった。

2020/05/07

まあこちゃん

「ずっとビルのなか。」という帯のフレーズとクールなカバーイラストに惹かれて衝動買い。5階建て雑居ビル「バベル九朔」の管理人をしながら小説家を目指している主人公が、謎のカラス女に付け回されてバベルに隠された壮大な秘密を知る事になり……目次のタイトルの付け方が面白くスピード感もあって、読み始めから物語に引き込まれていった。途中からの展開に戸惑う部分もあったが、窮地に追い込まれる状況で主人公が徐々に強くなってゆく姿が頼もしく、自らの力で考え行動する事で未来を変えてゆけるという事を教えられたようで勇気を貰った!

2019/03/30

感想・レビューをもっと見る