読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー (角川文庫)

運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー (角川文庫)

運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー (角川文庫)

作家
池上永一
角田光代
中島京子
村上春樹
山白朝子
唯川恵
瀧井朝世
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-06-14
ISBN
9784041078716
amazonで購入する

運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

「運命の恋」使い古された言葉であるが、その真髄を見事に名手たちが体現してくれた。何十億分の一同士が出逢い、寄り添い絡み合い、一本の糸として紡がれていく。まさに奇跡だよなぁ、としみじみ我が身を振りかえりつつ。佳い短編集だった。

2021/03/03

じいじ@

村上春樹の金看板に、トリは唯川恵がつとめる6篇のアンソロジー。角田さんの【誕生日休暇】は、恋人と別れた傷心の女が、休みを取ってハワイ島へ一人旅に行くお話。【僕の愛しい人】は、まさに運命の恋と言える小説だ。少しホラーがかっていて、唯川さんらしい一篇です。私は、まったく名前も知らなかった作家・池上永一の【宗教新聞】が気に入りました。軽妙な文章で、コミカルな恋のお話です。夏の炎暑を吹き飛ばす、気分転換には格好の一冊です。

2020/08/12

chantal(シャンタール)

有名な作家さんが並ぶアンソロジーだけあって、どのお話もとっても良かった!村上さんの短編は前にどこかで読んだ事があったけれど、今回の方がジンと来たなあ。新海誠さんが諳んじる事が出来るくらい大好きな作品だそうで。なるほど、それであの「君の名は。」のラストシーンなんだねぇ。あのシーン、良かったよねぇ。中島京子さんの「おさななじみ」もなんだかあったかくて、じんわり来るお話だったなあ。まさに運命の二人、幸せになってもらいたいなあって、微笑ましいお話だった。ああ、私もまだ、白馬の王子様、諦めてないんだけど、何か?😑

2020/12/14

Nobuko

6つの恋の物語はそうそうたる面々。村上春樹からはじまり唯川恵で〆。切なくも面白かった村上ワールド。村上氏かわいいかも。乙一さんの別名義、山白朝子さんの恋愛はやっぱり奇妙。運命の恋と言えるような素敵な想い出は生きる糧になるもの。しかし最後の恋はホラー"死んでもいい"と言った感じ"だって生まれ変わるんだもん貴方の赤ちゃんになって…"とは言ってないけど、そんなニュアンス。アイツが生まれ変わったら名前は…そんな事は描いていませんが、絶対赤ちゃんに彼女の名前をつけるね。勝手な妄想を愉しみました。

2020/11/07

Miyuki Usa

たまたま手近に回って来たので読んでみた本。ベタなタイトル且つしょっぱなが村上○樹。想定内ながらまんまと鼻白み。食わず嫌いはいけないと自分を叱咤し鼓舞してもダメなものはダメ、ゾワゾワする、ごめん本当に村上○樹アレルギーなんだとつくづく。気を取り直すのもせいぜいしんどかったが、角田さんからはどれもなかなかユニークな話で、単純な恋だ愛だの切なさに留まらず、それぞれの人生の積み重ねや臭みや、そうした背景ごと感ぜられるストーリーばかりで楽しめた。

2020/01/29

感想・レビューをもっと見る