読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

グアムの探偵 3 (角川文庫)

グアムの探偵 3 (角川文庫)

グアムの探偵 3 (角川文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-24
ISBN
9784041079591
amazonで購入する Kindle版を購入する

グアムの探偵 3 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiro

シリーズ1を読み2・3を図書館に予約したが、この3が先に来たが問題なく読めた。日本人観光客のスカイダイビング中の失踪、グアムで襲われた難病の日本人少女、日系の名誉教授の失踪事件、日本人観光客だけが巻き込まれたトラブル、大金持ちの老人達の失踪に巻き込まれた若い日本人女性と、今回もケンゾー、デニス、レイ三代のグアムの私立探偵が活躍する5編の短編集。一編あたりの60頁強と短く、相談を受けてからや事件が起きてから解決までも短時間で終わるものが多く、テンポよく読めるのがありがたい。今後紅一点として梨奈の活躍に期待。

2019/05/04

enana

シリーズ3作目。短編5話収録

2019/02/07

えみゅこ 

毎回豆知識を散りばめつつ事件を解決。第2話の養女を襲った病気の話が面白かった。4巻に続く、の?

2019/08/25

ありす

シリーズ3作目。今回は『スカイダイビング中に人が消失どこへ消えたのか』『原因不明の病の少女が狙われる理由とは』『権威ある人物が行方不明その真相は』『日本人観光客が次々と軍人に脅される理由とは』『世間知らずな女性がグアムに招かれある事件に巻き込まれ』といった5話。1~4話は予想だにしない結末、5話は次巻に向けて新しい種をまいたって感じの話でした。一番予想外の展開は1話目のスカイダイビングの話かな。次巻も楽しみです。それにしても何故表紙デザイン変えたんだろう…?

2019/02/01

よっち

スカイダイビング中に消失したふたりの男、原因不明の痛みに苦しむ少女、行方不明になった有名教授、日本人観光客の写真撮影をやめさせる軍人、行方不明になった富豪たちの行方とといった多様な犯罪にゲンゾー、デニス、レイの日系人3世代探偵が挑む第三弾。読むたびに日本とはいろいろ感覚が違うことを実感するシリーズですが、どれも日本では考えられない事件ばかりで、心細い海外で起きる犯罪にしっかり向き合ってくれる彼らの存在は大きいですね。意外なメンバーも加わってレギュラー化するのか今後どう変わってゆくのか気になるところです。

2019/03/01

感想・レビューをもっと見る