読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

グアムの探偵 3 (角川文庫)

グアムの探偵 3 (角川文庫)

グアムの探偵 3 (角川文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-24
ISBN
9784041079591
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

スカイダイビング中の2人の男が空中で溶けるように混ざり合い消失した! 事故か超常現象か?(「ワームホールへのタンデムジャンプ」)。リゾート地であると同時に米軍の戦略上の要衝でもあるグアムでは、観光客を狙った犯罪だけでなくスパイ事件をも発生する。日本では考えられない大規模かつ多様な犯罪にゲンゾー、デニス、レイの日系人3世代探偵が挑む! 結末が全く予想できない知的ミステリの傑作短編シリーズ第3弾!

グアムの探偵 3 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

シリーズ3作目。短編5話収録

2019/02/07

Disneylove

シリーズ3作目。今回は『スカイダイビング中に人が消失どこへ消えたのか』『原因不明の病の少女が狙われる理由とは』『権威ある人物が行方不明その真相は』『日本人観光客が次々と軍人に脅される理由とは』『世間知らずな女性がグアムに招かれある事件に巻き込まれ』といった5話。1~4話は予想だにしない結末、5話は次巻に向けて新しい種をまいたって感じの話でした。一番予想外の展開は1話目のスカイダイビングの話かな。次巻も楽しみです。それにしても何故表紙デザイン変えたんだろう…?

2019/02/01

よっち

スカイダイビング中に消失したふたりの男、原因不明の痛みに苦しむ少女、行方不明になった有名教授、日本人観光客の写真撮影をやめさせる軍人、行方不明になった富豪たちの行方とといった多様な犯罪にゲンゾー、デニス、レイの日系人3世代探偵が挑む第三弾。読むたびに日本とはいろいろ感覚が違うことを実感するシリーズですが、どれも日本では考えられない事件ばかりで、心細い海外で起きる犯罪にしっかり向き合ってくれる彼らの存在は大きいですね。意外なメンバーも加わってレギュラー化するのか今後どう変わってゆくのか気になるところです。

2019/03/01

ぽぽ♪

以前感想を書いてupしたのに消えている… 毎回テンポよく読み進められて、グアムに行った事無いのに行った気になれます。新キャラが今後どう絡んでくるのか楽しみです。奥さん達は登場しないのかな?出て欲しいです。

2019/03/06

坂城 弥生

これでシリーズ既刊は読破した。なんか万能鑑定士~の時みたいに段々規模の大きな事件が目立つようになってきた印象。梨奈は今後シリーズに登場するんだろうか?ああいうタイプは苦手…

2019/02/10

感想・レビューをもっと見る