読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

毒よりもなお

毒よりもなお

毒よりもなお

作家
森晶麿
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-01
ISBN
9784041079621
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

連続殺人犯「首絞めヒロ」は、本当に私の知っている「ヒロアキ」なの?―― カウンセラーの美谷千尋は、自殺願望のある高校生、今道奈央から〈首絞めヒロの芝居小屋〉という自殺サイトの存在を知らされる。犯罪の匂いを感じた千尋は、そのサイトの管理人が8年前に故郷の山口で知り合った「ヒロアキ」ではないかと疑いを抱く。千尋によって徐々に明らかにされていくヒロアキの恐ろしくも哀しい過去。ヒロアキはなぜ連続殺人犯になってしまったのか? 千尋は奈央の命を救うことはできるのか? 千尋とヒロアキの間に流れる8年間の物語とは? 衝撃の結末が待ち受ける、祈りと狂気のミステリ!

毒よりもなお / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さっこ

初読みの作家さん。自殺サイトの管理人ヒロは、自分の知っているヒロアキではないか、過去の強烈な思いと事件の真相を探る主人公のカウンセラーの千尋。いろいろな伏線を回収した時あっ!と驚かされるのだろうけど、いろいろとこんがらがって、ちょっと分かりづらくて素直に驚かされることができませんでした。

2019/03/21

のんぴ

#毒よりもなお#NetGalleyJP 最後、どの人物が実在でどの人物が虚構なのか、どの話が実際の出来事で、どの話は小説なのか、妄想なのか、煙にまかれた感じ。ただ家庭が人間の心を作る基盤なので、愛のない親に育てられた子供は不幸だし、実際にありますが、しつけと称して親の思い通りに無理に従わせることは決してやってはいけないことだということはすごくよくわかりました。

2019/03/05

ショコラテ

2005年に起きた「自殺サイト殺人事件」を下敷きに、著者の解釈を加えたミステリ…なのかな?2/3までは非常に惹きつけられて読んだものの、最後の…いわゆる「衝撃の結末」が衝撃的過ぎて、正直よくわかりませんでした。幼少期から虐待を受けていて、それが犯行の根拠になっている殺人者は多いですが、彼らが全く違う生い立ちであったならば、どういう人生を歩んでいただろうか、とふと考えてしまいました。どういう環境に生まれるか、というのは自分で選べないだけに、なんともやりきれない気持ちが残ります。#NetGalleyJP

2019/02/15

まー

自殺サイトの管理人は、自分の知っている人なのでは…。カウンセラーの千尋の現在と、過去の回想。結末近くなると、頭がこんがらがりました。

2019/03/15

サクラ

自殺サイト殺人事件を女性カウンセラーが追っていく。殺人に走る心理や歪んだ家族関係は痛々しかった。そして、犯人を追い続けるカウンセラーが不思議で、何で?同調?興味?恋愛感情?と想像しながら読み進めたら、最後で納得でした。意外な結末でした! #毒よりもなお森晶麿 #NetGalleyJP

2019/02/25

感想・レビューをもっと見る