読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大統領に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉

大統領に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉

大統領に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉

作家
永瀬隼介
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-20
ISBN
9784041079669
amazonで購入する Kindle版を購入する

大統領に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ren5000

みなさんの感想読んで続編と知った。アメリカ大統領暗殺計画を阻止すべく「NEO」の活躍〜と思ったけどそうでもなく元過激派のジジイが活躍って話でした。感想としてはなんか中途半端で良かったのは紀子刑事正がかっこよかったのと偉そうなジョーカー大統領をやり込めたところかな。

2019/07/30

rosetta

★★★✮☆来日予定のアメリカ大統領の暗殺計画が発覚。極秘裏に阻止するためにNEOに指令が下る。伝説のテロリストを母としフランス傭兵を父とした深町陽、ベトナムから留学して来たが稼ぐどころか搾取され借金で用意した費用すら取り戻せずギャングとなったチャーリー・ター、ブラジルから出稼ぎに来た両親の元に生まれ、帰国した両親から日本に取り残された華恋(日本語の不自由な両親がよくもキラキラネームを考えられたものだw)。更に元過激派の老人二人、一人は超法規措置でムショから出された無期懲役犯。リアリティは必要なし!(笑)

2019/07/16

きあら

新橋署刑事課特別治安室NEOのシリーズですが、この本ではアメリカ大統領暗殺を狙う若者2人とそれを阻止しようとする元左翼団体幹部の老人2人が主役。対峙する双方の泥臭い人間ドラマに惹き付けられる。落ちぶれたと思わせる老人やアメリカの言いなりになっている情けない総理大臣が、実はNEOよりもカッコ好かった。

2019/05/21

tetsubun1000mg

新橋署特別治安室NEOシリーズになっているようだが、今作が初読み。 いかにも刑事らしい二人と、文学青年ふう若手刑事、美人のキャリア上司と、元々の設定が面白さを予感させる。 ヤクザを平然と殺す3人の若者たちがどうやって、大統領を殺すことができるのか? 解決のために、元極左の年寄りや、獄中の犯罪者を引っ張り出してくる。 官房長官、首相もモデルがいるようだし、ゴルフ場では大統領と二人きりになりコントのようなやり取りとなる。 終盤はドタバタとするが、最後はスッキリとたたんでくれて良い読後感が残る。

2019/06/09

chakiw5

学生運動盛んな頃、アジア人民会議なる組織から1人の女性が中東に旅立った。後に中東のジャンヌダルクと呼ばれる革命家の深町春。月日が流れその息子の陽が母親の命を受けアメリカ大統領ジョーカーの暗殺を企だてるがN EOなる警察の地下組織と投獄中の甲斐、身を落とした宇喜多と共に解決する。荒唐無稽だが現在のアメリカと日本の関係は正しく表現されている。もっと日本は強くと思うがそれにはかなりの時間やせんりが必要だろう。それをやらず一足飛びを考えると過激になる。やはり戦争は全ての解決にはならないね。

2019/11/16

感想・レビューをもっと見る