読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夢幻の街 歌舞伎町ホストクラブの50年

夢幻の街 歌舞伎町ホストクラブの50年

夢幻の街 歌舞伎町ホストクラブの50年

作家
石井光太
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-09-25
ISBN
9784041080238
amazonで購入する Kindle版を購入する

夢幻の街 歌舞伎町ホストクラブの50年 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

fwhd8325

知っているようで全く知らないホストの世界。石井さんの作品だけにここまで書くかと言うくらいの内容でした。ホストクラブと言えば愛田社長のクラブ愛。ホストクラブの歴史は、まさに愛田社長が軸となって語られる。どんな業界でも創世記には闇の歴史があるように、ホストの世界にも黒歴史があります。簡単に黒と言っていいのかは疑問ですが、前半と後半では、世界が一変したかのようでした。

2020/12/29

ma-bo

作者の著書は過去に「鬼畜の家」わが子を殺す親たち、「43回の殺意」川崎中1男子生徒殺害事件の深層等を読んでいます。非常に丁寧に取材された上で書かれている方という印象。この作品は自分には全く縁のないホスト業界でしたが、歴史や成功・失敗、業界の闇、読み応えのある内容でした。

2020/11/06

さぜん

先日新宿区長が歌舞伎町の風評被害を挽回すべくホストクラブのオーナー達と協力していく記事を読んだ。苦境に立たされてたホスト達の現状、悪のイメージが強かったがそこには偏見もあった。今までメディアに登場するホストからしかこの業界を垣間見ることがなかったので激動の歴史を興味深く読む。石井氏の丁寧な取材と客観的な視点から綴られる彼らは一般社会からはじかれつつも居場所を求め懸命に生きている。法に触れる者もいるがここでしか働けない者もいる。フィルターを外して見ることが大切だと改めて思う。

2020/11/21

ばんだねいっぺい

 歌舞伎町のホストクラブの歴史を駆け足で教えてくれる本。魑魅魍魎蠢く中で悪戦苦闘を続けて今があるということ。そして、過去もそうならば、これからも変わっていくんだろうな。

2020/10/11

遊々亭おさる

一攫千金掻っ攫おうと東京目指し、軟派の道で男を磨く。地方の不良少年たちが成り上がりを夢見て歌舞伎町に辿り着き、ホストクラブで頂点を目指してしのぎを削った50年の歴史。虐待や育児放棄などで恵まれた子供時代を送ることが出来ずに生きる知恵を学ぶ機会がないまま大人になった者たちのセーフティネットでもある夜の世界。世間の嫌悪の目を増長するような痛ましい事件から社会貢献を通じて自己肯定感の低さを改善しようとする取り組みまで公平な視線でありのままの夜の帝王の実態を伝える一冊。学びたいのはピンチをチャンスに変える逞しさ。

2020/12/07

感想・レビューをもっと見る