読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1 (角川文庫)

ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1 (角川文庫)

ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1 (角川文庫)

作家
駒月雅子
ミシェル・バークビイ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-05-22
ISBN
9784041080283
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

cinos

ハドソン夫人の一人称で、メアリー・ワトスンとコンビを組んで恐喝事件に探偵として乗り出します。ホームズ、ワトスンだけでなく、「あの女性」まで登場します。ハドソン婦人とメアリーの活躍だけでなく、ベイカーイレギュラーズの活躍と心の交流もよかったです。おすすめ。

2020/06/25

pohcho

コナン・ドイル財団公認のホームズ・パスティーシュ。家主のハドソン夫人とワトソンの妻メアリーの新人探偵コンビに ベイカーストリート・イレギュラーズ、アイリーン・アドラー。ホームズシリーズでお馴染みの女性陣と少年達が力を合わせて事件を解決するシリーズ第一弾。安楽椅子探偵ではなく、意外にも冒険活劇なのがびっくり。勇敢なハドソン夫人が素敵だったし、脇役に徹するホームズも新鮮。オマージュ満載で原典が読みたくなった。

2020/12/30

ハスゴン

さして期待しないで読み始めたら、意外にも読ませます。当時の考えられないような女性蔑視の様子も作品の雰囲気を盛り上げていきます。不安は続篇が翻訳されるか?

2020/12/09

かめりあうさぎ

初読み作家さん。ホームズの下宿のおかみ・ハドスンさんとワトスンの妻・メアリーの女性コンビの誕生。ホームズの救いの手からこぼれてしまったある女性の悩みを解決すべく一念発起しますが、初めは強請り事件と思われていたものがやがては殺人事件にまで発展してしまう。2人とも驚くほど優秀で勇猛果敢。当時の男性ではこういう風には女性を描けなかっただろうなぁと思います。事件は割とあっさり味でしたが、訳文も読みやすいし、生臭い事件でも嫌悪感を感じさせない描写で楽しく読むことができました。シリーズ化しているので次も読みます。

2021/01/18

本木英朗

原典へのオマージュ満載の本格ミステリと言ったら、この作品である。作者はミシェル・バークビイ。ベイカー街221Bを訪れたある婦人は、強請に苦しむことを訴えつつも、苛立つホームズに依頼を断られてしまう。ミセス・ハドスン&メアリーは、身に覚えのない情事を「暴露する」と脅かす手紙に脅える彼女の力になろうと決意する……という話である。最後の最後まで全く分かんなかったけれど、それでもいいよ。ホームズばりの名推理が出てくるのが、特に。俺は1回目であるが、また読もうと思う。よかったです。

2020/08/06

感想・レビューをもっと見る