読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫)

失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫)

失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫)

作家
小林泰三
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-23
ISBN
9784041081655
amazonで購入する Kindle版を購入する

失われた過去と未来の犯罪 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

K

全人類が記憶を十数分しか維持できなくなってしまった世界と、その変遷を描くSFミステリ。記憶を外部装置(メモリ)に依存することを余儀なくされた人類に様々な問題が降りかかる。人間はその存在を何処に定義づけられるのか?人間の死とは何をもって決まるのか?肉体、記憶、魂と、考えうる限りの概念をもってその答えを探し求める。アンドロイドやホログラムなども盛り込まれており、科学技術がこのまま進歩していけば、こんな未来もあり得るかもしれないと思わせるようなシンギュラリティ作品の側面も垣間見られた。人類が遂げた進化の果ては。

2019/11/02

ちーたん

★★★★☆睡魔に襲われ、いつの間にか寝落ちしちゃった時って目覚めた瞬間、「へ?どこ?いつ?何時?😨💦」って一瞬焦りません?(笑)もしそんな記憶障害が断続的に起こり、10分前の記憶ですら脳に留める事が出来なくなったら…この物語はそんな『前向性健忘症(発病前の記憶しか保てない)』に全人類が突如なってしまう世界でのお話!パニック編とその後の世界の二部構成!人類生存の新たな一歩は神への冒涜?それとも?人の命とはを巧く扱った作品!しかも某Mr.都市伝説S氏は近未来こんな時代がやってくると語ってたから興味深いw

2019/09/06

Miyuki Usa

記憶が10分しか保たない症状が全人類に発症。前半は人々がパニックに陥る様子をピンポイントでコミカルに。後半はそれから時が経過し、それを踏まえて人類が生まれつき記憶装置を使用するようになり。死んだ人の記憶装置をイタコに使って再会したり。記憶装置をコピーしたり。倫理性の問われる問題いろいろ。人体は所詮乗りモノでしかないのか?頭と体、どちらが本人?考えさせれてアタマが混乱。これ、人類みんな一斉にだから良いけど(?)、その中で自分だけ正常脳のままだったら…辛いよね…ゾッとする。

2020/02/03

おうつき

世界中の人間に、記憶が短時間で消えてしまうという症状が発言する。人類はやがて、メモリと呼ばれる記憶装置を体に取り付けることで記憶を持続し続けることが出来るようになった。外部記憶装置に頼る世界では、人格や個人のパーソナリティ、生と死の境すら曖昧になっていく。その中で生きる人々を、どこかユーモラスに描いたこの作品。作中の登場人物が取る行動は現代の基準で考えれば倫理的にどうなのかと考えてしまう事もあるが、自分が同じ状況に置かれたらきっと同じ選択をしてしまうに違いない。とても面白くて一気読みしてしまった。

2019/10/12

活字スキー

全世界で同時に起こった記憶障害により長期記憶を失った人類のてんやわんやを、グロくないヤスミン節で。ミステリっぽいタイトルはあんまり合ってない気がする。単純な読み物としては第一部の方が楽しかったかな。【「このあともだらだらとそういうことが書いてあるだけ。きっちり読む必要はない」えっ?まじ?梨乃は我が目を疑った】では自分も我が目を疑ったよ(笑)。原発組も大変な事態になってるのに、まず事態の把握からしてままならず「繰り返しはギャグの基本だからな」と言わんばかりのコントじみた応酬にイライラニヤニヤ。

2019/11/25

感想・レビューをもっと見る