読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

私は幽霊を見ない

私は幽霊を見ない

私は幽霊を見ない

作家
藤野可織
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-30
ISBN
9784041081884
amazonで購入する Kindle版を購入する

「私は幽霊を見ない」のおすすめレビュー

怖いだけじゃなく思わずクスッと笑わされる! 芥川賞作家・藤野可織の“幽霊探し”エッセイ

『私は幽霊を見ない』(藤野可織/KADOKAWA)

 この世から何の未練も残さず去ることのできる人などいるわけがないのだから、世の中に無数の幽霊が潜んでいたとしても何もおかしいことではない。だが、幽霊は見える人には見えるし、見えない人には見えない。一度くらいは幽霊を見てみたいものだが、そう簡単にはいかないものなのか。

 芥川賞作家・藤野可織氏による初のエッセイ集『私は幽霊を見ない』(KADOKAWA)を読むと、幽霊に会うのは、なかなか難しいことなのかもしれないと思わされる。と、同時に、幽霊のもつ、恐ろしさや切なさ、そして、どこか可愛らしいその姿に魅せられてしまう。この作品は、怪談雑誌『幽』『Mei(冥)』で連載された怪談実話をまとめたもの。藤野氏が蒐集した怖い話や不思議な話がたくさん詰め込まれている作品なのだ。だが、本のタイトルの通り、藤野氏は「幽霊を見ない」。見たことがない。おまけに、いつでもどこでも怖がっている筋金入りの怖がりだという。しかし、好奇心は人一倍旺盛。出会う人出会う人に「何か怖い話を知りませんか」とねだりまくり、廃墟ホテルまで幽霊探…

2019/8/30

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

私は幽霊を見ない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみきーにゃ

《図書館》初めましての作家さん。藤野さん、すごく綺麗な方!読みやすくてあっとゆう間に読み終わっちゃった。藤野さんの考え方が独特?で面白かった。

2020/01/15

p.ntsk@お休みしています

芥川賞作家藤野可織さんによる実話怪談集というか心霊エッセイ。「Mei(冥)」や「幽」に連載されたものを加筆修正し収録されたもの。怖がりだけど見たがりでも幽霊を見たことがないという藤野さん。エア猫を飼ってたりしてなかなかユニークな方。知人や友人から聞いた実話怪談や不思議な話はそれなりに怖いのだけどご本人はいたって真剣なのに感じ方や捉え方が脱力していて思わず笑ってしまう。実話怪談風に始まりますが愉快な心霊エッセイになってます。

2019/10/18

南雲吾朗

幽霊を見ない藤野可織さんの幽霊のエッセイ。そもそも、私も藤野さんと同じように見えない。だから、いないような気がする。先輩で、ばっちり見える人が居るが、私には見えないので少々損をした気がする…その点は藤野さんと同じ感覚。幽霊で怖い体験をしたとか見えたとかいうことは書いておらず、すべて他人から聞いた話なのだが、なぜかこの本を読んでいると、時々ゾクッとくる。文章は何気ないのだが、ゾクッと怖い感じがする。そこが作家としての上手さなのかもしれない…。最後から2番目の章で出てくる若山さんと映画に行きたい…。

2020/02/10

よこたん

“あいかわらず幽霊を見ない。あるいは、幽霊を見たことに気付いていない。” エッセイ。いるかいないかてはなく、見えるか見えないか。怖いのに、見てないことがなんか悔しい。で、周りの人に見た話をたずねまくる、藤野さん自身が掴みどころのない不思議な方。村田沙也加さんほどの衝撃はないものの、独特な味わいの持ち主。さらりと通り過ぎたあとに考えたらぞっとする話に、成仏しなさいって英語でなんて言えばいいのかとか、エア猫の話とか、フワフワしたことも混ぜ込まれている。「入るところを間違えた」シアターの話がとても怖かった。

2019/10/09

モモ

題名の通りの話。実は藤野さんの目の前で霊が一生懸命アピールしているようだが、気がついてないような。老舗旅館のユニットバスの天井が少し外れていて、その暗闇から何か這い出て来そうな場面。便座に座ると驚きの熱さに「アッツ!アッツ!」と一人で騒いでいる藤野さんの様子が可笑しく、確かに、これでは霊が出られないと感じた。藤野さんの魅力が垣間見られる一冊。

2019/11/18

感想・レビューをもっと見る