読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

東京の幽霊事件 封印された裏歴史

東京の幽霊事件 封印された裏歴史

東京の幽霊事件 封印された裏歴史

作家
小池壮彦
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-06-28
ISBN
9784041081976
amazonで購入する Kindle版を購入する

「東京の幽霊事件 封印された裏歴史」のおすすめレビュー

昭和32年の谷中霊園で起きた全焼事件は、心中ではなかった!? オリンピック前に読んでもらいたい東京の裏歴史

『東京の幽霊事件 封印された裏歴史』(小池壮彦/KADOKAWA)

 夏といえば、海や花火、かき氷にキャンプもいいけれど、外せないのはやっぱり怪談! そんな人にぜひ読んでほしいのが、『東京の幽霊事件 封印された裏歴史』(小池壮彦/KADOKAWA)。怪談専門誌『幽』(KADOKAWA)に15年間連載された「日本の幽霊事件」をまとめた、怪奇ノンフィクションの決定版だ。

 本書は、怪奇現象が発生するという東京とその近郊の17の土地について、著者が実際にそこを訪れ、その怪異の“来し方”を探ってゆくという構成になっている。たとえば、冒頭で取り上げられる谷中霊園については、こんな具合だ。

 かつて谷中霊園には、五重塔が建っていた。幸田露伴の小説のモデルにもなった文化財だが、昭和32年に不審火で全焼した。その焼け跡から男女の焼死体が見つかったため、警察はこの火災を心中と断定したが、著者が墓地の公園で出会った老人によると、「あの塔が焼けた原因は、心中ではない」。実は、第三の人物による殺人ならびに放火、および死体遺棄事件だというのである。

 かくして著者は、この“火焔…

2019/7/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

東京の幽霊事件 封印された裏歴史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

怪異は、言い伝えられているうちに、何が真相であったかが、どうかすると忘れられてしまう。徹底した調査によって、著者は話の原型に近づき、隠れた歴史を復元しようと試みる。科学的なネタばらしではないので、怖さをそのまま維持しつつ読み終える。文章に学問的な嫌みがないので理解しやすく、メインの歴史には書かれていない、東京の過去を見た思いがする。造本もいい。

2019/08/29

HANA

関東大震災や東京大空襲、今度またオリンピックでその姿を変えるであろう東京であるが、少し地面を掘り返せば過去がべったりとくっ付いてくる。本書はそんな東京の過去を旅する一冊。範囲も江戸時代のお玉ヶ池から最近起こった事件まで幅広い。とはいえ幽霊事件のタイトル通り、一番精彩を持って語られるのは怪談に関する事件。特に「赤飯怪談」は巷説に興味を持つものとしては避けては通れず、ラブホの幽霊話も背景同様妙ないかがわしさを持っていて忘れがたい。行った事の無い土地も多いが、現実と幻想の東京が二重写しになるような一冊でした。

2019/09/21

さといも

いつも思うのだけど、小池さんは凄く調べる人だなぁ。幽霊の噂のある現場を事件から時代考証まできちんと調べている。正直、怖さは全く無いのだけど興味深く面白い。昭和初期から「不幸の手紙」のような物があったのかとビックリした。

2019/07/06

澤水月

阿部定と2・26の昭和11年、三河島に渦巻く「赤飯怪談」が興味深い。岡本綺堂「廿九日の牡丹餅」にも描かれていた安政元年の騒動と非常に類似、7月という時期も一致する。“いま綺堂”のごとく、文献だけでなく古老聞き取りなどで怪談生まれる場の所縁や伝説と繋げる著者の面目躍如。また自身の体験「歌舞伎町」は傷痍軍人実録をラブホで撮るという行為自体のいかがわしさ含め記録されるべき稗史の白眉。バブル崩壊後暫く、奥崎謙三をAVに出す試みなど大戦経験当事者とアングラ文化が辛うじて結びつこうとしていたなと思い出した…不謹慎でも

2019/07/16

遊々亭おさる

五重塔跡地や日暮里駅など東京各地に散らばる心霊スポットに纏わる因縁話を拾い上げ、過去と現代を繋ぐ見えない歴史の糸を見つめる一冊。昭和30年代、通り魔的な殺人事件の被害者である土地に縁も所縁もない男性の霊を慰めるために供養を行った天王洲の住民達。人が人を想うとき、幽霊は姿を現す。してみると人間関係が希薄になった現代に幽霊が現れる余地はあるか?不幸の手紙の最初の流行は大正時代に遡ることや昭和40年代の不良少年少女の生態などトリビア的面白さも。東京観光のお供にして街の風景に微かに残る歴史の残り香に触れたい一冊。

2019/09/10

感想・レビューをもっと見る