読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋する寄生虫 (2) (角川コミックス・エース)

恋する寄生虫 (2) (角川コミックス・エース)

恋する寄生虫 (2) (角川コミックス・エース)

作家
ホタテユウキ
三秋縋
しおん・ホタテユウキ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-26
ISBN
9784041082324
amazonで購入する Kindle版を購入する

恋する寄生虫 (2) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レリナ

二人の恋は本物なのか、偽りのものなのか。脳に寄生する特殊な寄生虫の正体が明らかになり、高坂とひじりはどうなってしまうのか。恋人となった二人の運命は。操り人形の恋なのかもしれないが、深い愛情を感じる。簡単な解決はないのだろう。二人の関係は続いてほしいと思うのは偽善だろうか。虫によってもたらされた出会いは何を生み出していくのか。真実を知ってなお、二人は何を望むのか。次巻でおそらく最終巻になるかもしれないということなので、どんな結末を迎えるのか、楽しみ。ホタテ先生の絵好きだわ。次巻に期待。

2019/07/25

わち ⊱^>ω<^⊰ฅ

次巻で終わりとは。あらま短い。でも丁度良いのかな。 漫画版しか読まないくせに言えた義理じゃないですが、原作(小説)でも問題なさそう。 虫を巡っての話が面白く、セリフに引き込まれる。 例のごとく前巻をほぼ覚えてないのだけど、番外編までとても楽しんだ。 ところで、これって宿主が同性同士でも虫的には問題なさそうなんだけど…。

2019/12/13

毎日が日曜日

虫が悪い話。

2019/07/27

片雲さくら

絵が丁寧で引き込まれる。暗闇にずっと二人のシーンは怖かった。約束、なんてしてよかったのか。なんか痛々しい。

2020/02/09

かなっち

ほんと、このお話と絵がピッタリで、不思議な世界観を堪能できて好きです。この想いが自分の気持ちなのか、操られてるのか。自分だったら、知りたくないような気がします。そして、佐薙の、幸せなら傀儡でも構わないという言葉もズッシリと重みがあって、手放したくない気持ちも分かるような…。でも今は、高坂の、「虫なしでもやっていける」に期待するしかないのですね。次巻での結末が、気になって気になって仕方ありません。

2019/11/03

感想・レビューをもっと見る