読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

頂上捜査

頂上捜査

頂上捜査

作家
安東能明
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-09-25
ISBN
9784041083000
amazonで購入する Kindle版を購入する

頂上捜査 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

とある県警事案の暴力団抗争と県知事の贈収賄事件。途中まで登場人物も多くなるし、内容もややこしい感じだしどうなんだ?って読み進むとある時点から俄然面白くなってくる。いかついマル暴刑事と捜査二課のキャリア刑事が畑違いの相棒となり事件解明に向かって走り出す。2人の大食いシーンにもつい笑ってしまう。2つの事件が繋がる真相に唖然。警察小説を書くにはここまで徹底的に取材するんだなぁって改めて感心。それにしてもこんな県に住むのは遠慮したいかも。

2019/10/22

さっこ

県知事の汚職と暴力団の抗争事件が結びついていく。骨太な警察小説でした。序盤はどんどん出てくる登場人物に「誰だっけ?」と行きつ戻りつで読み進めるのに苦労しましたが、事件の形が徐々に表れてくると面白くなりました。「頂上(てっぺん)を捕る」、県警にしたら自分たちのトップですもんね、知事って。組織のいろいろもあって面白かったです。

2019/11/16

達ちゃん

途中まで話がわかりずらく挫折しそうになりましたが、2つのエピソードがつながるあたりから面白くなってきてラストの真相へ。大食いシーンが一番盛り上がった!?

2020/11/02

オオイ

赴任したキャリアの二課長と組織犯罪警部が県知事の贈収賄事件とヤクザの抗争事件を調べその先にある事実を突き止める、なかなか読ませてもらった面白い。

2019/10/23

5〇5

知事絡みの贈収賄事件と暴力団同士の抗争事件の2つが絡み合う ♦それぞれの事件に挑むのは、異動間もない若きキャリアの捜査二課長と、ヤクザと見紛う組織犯罪対策課のマル暴デカだ ♣この二人、それぞれを主人公としてシリーズ化してほしいくらいの魅力的なキャラである ♥さらに登場人物たちも曲者揃いで楽しませてくれる ♠久方ぶりに硬派で骨太な警察小説を堪能した。

2019/11/04

感想・レビューをもっと見る