読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉 (角川ホラー文庫)

作家
郷内心瞳
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-06-14
ISBN
9784041083048
amazonで購入する Kindle版を購入する

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

怖さを取り戻した「拝み屋怪談」シリーズ。「花嫁の家」に収録の「母様の家」の続編。まずは前編という事で何本かの話が並行し展開。しかし、この作品は本当に実話なのだろうか。死が描かれる場面が多いので心配になる。よからぬモノを崇めて亡くなる女性。とある家系図での若年層の死の多さ。実話だとしたら恐ろしい。また、スウェットを着て立っている女性も気味が悪い。果たして、後編でどのように解決されるのだろうか。「拝み屋怪談」シリーズは一頃はタルパで読者が離れたと思ったが、怖さも戻り再び読書も増えるだろう。安定した怖さがある。

2019/08/25

ちょろこ

最後まで見届けたい、一冊。やっぱり長編は飽きなくていい。時系列もバラバラ、しかもすぐに話はガラっと変わる。何が何だかわからない。それでも読み進めるうちにバラバラだったものが化学記号のように手を結び始める。あの時のあれがまだ…。なんだか千草さんの印象が変わったな。そして次第に姿を現わすあの時のあの災禍。自分史上最高の恐怖を味わったあの災禍。この先どんな化学反応が起きどんな恐怖が訪れるのか、ここまできたら恐怖よりも最後まで見届けたい、その気持ちでいっぱい。

2019/08/05

ゆみきーにゃ

加奈江のお話しで懲りたけど、やっぱり買っちゃった。花嫁読んでないけど問題なし!どうなるの?どうなるの?

2019/12/07

HANA

「花嫁の家」続編。前作は実話怪談というよりオカルトやサイキックウォーとして読めたが、今回もその感深し。本書は上巻に当たるのだが、現在の状況と過去の点景が交互に描写され助走として雰囲気を段々と盛り上げていく。この辺キングとかを連想させるなあ、主題が光の側にいるのがとある切っ掛けで闇と闘うみたいなところもモダンホラーを連想させられる。著者の他の作品と共通する点として、やっぱり著者独特のナルシシズムが鼻につくのだが、過去の描写とかが多い分「桐島加奈江」シリーズ等に比べると落ち着いてるかな。では後編を読みます。

2021/03/07

らすかる

まさかの「花嫁の家」の続編!! 私が今までの人生で1番怖いと思った本のつづき! やはり郷内さんの本は長編が良い。「花嫁~」同様時系列や事象の場所が散らばっているので読み初めは「?」何だけれど、読み進めるごとに点と点が線で結ばれていくさまは鳥肌モノ。これぞ郷内作品の醍醐味!もう実話とかフィクションとか、どうでもいいの。こんなに怖くてゾワゾワして面白いのだもの。今回も早く図書館に返したい!なのに早く「陽」が借りたい!!

2019/07/30

感想・レビューをもっと見る