読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

臨床真理 (角川文庫)

臨床真理 (角川文庫)

臨床真理 (角川文庫)

作家
柚月裕子
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-09-21
ISBN
9784041083116
amazonで購入する Kindle版を購入する

「臨床真理 (角川文庫)」のおすすめレビュー

暴走する趣味嗜好…知的障害者更生施設で巻き起こる狂気――人気ミステリー作家が描く問題作!

『臨床真理』(柚月裕子/KADOKAWA)

 人には趣味嗜好がある。迷惑をかけない範囲で楽しむ間は、はたから見て微笑ましく、尊重すべき個性でもある。しかしそれが好ましくない範囲まで広がれば、他人に迷惑をかけることになり、当人も社会で生きづらさを感じる。

 そして趣味嗜好が“許されない範囲”まで広がったとき――暴走する感情は誰にも止められなくなり、やがて狂気を帯びるようになる。

『臨床真理』(柚月裕子/KADOKAWA)は、2009年に刊行された人気ミステリー作家・柚月裕子氏のデビュー作だ。「佐方貞人」シリーズ、「孤狼の血」シリーズはすべてベストセラー。2019年に文庫化された『慈雨』は20万部を超える大ヒット。まさしく柚月氏の作品は、ミステリー好きならば絶対に押さえるべき、というより押さえないと恥ずかしい、ミステリー小説界の第一線級にあたる。

 本作のあらすじはこうだ。知的障害者更生施設に入所していた16歳の少女、水野彩が自殺で死んでしまう。しかし同じく入所していた青年、藤木司は妹のように親しくした彩の死を「殺人だ!」と主張する。

 強制的に医療機関に入…

2019/11/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

臨床真理 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小説を最初に書いた人にありがとう

大好きな柚月裕子さんのデビュー作とのことで楽しみに読み始めた。失語症で精神的な病気で施設にいた彩という少女が自殺したところから、同じ施設で彩と深い絆で結ばれ、言葉に色が見えるという特殊能力を持つ少年の司と新人臨床心理士の美帆が彩の自殺の原因を追うミステリー。その後の柚月作品に比べ、精神疾患の患者や施設の描写や性的な表現などデビュー作なのにかなり攻めている印象。後半の謎が明かされるときのヒリヒリ感もその後のシリーズ作品などには余り無く、純粋に楽しめた。

2020/03/22

森オサム

著者デビュー作であるが、中々思い切った内容。色々不満はあるが、一番は主人公のキャラでしょうか。こんなに独善的で周りの迷惑を考えない人は好きになれない。終盤の出来事も自業自得と思えてしまう。まあ分かりますよ、主人公の設定を素人にした場合、犯罪捜査に絡ませる為には強引じゃないと無理だからね。それにしても酷い事件で救いが無い。障碍者への性的虐待では、エンターテイメントとして楽しめないでしょ?。社会派としては、問題提起は良いが苦悩が伝わらない、雑なんだな。「佐方シリーズ」や「孤狼の血」には有った品格が無い、残念。

2019/11/22

だいちゃん

共感覚を持ち、人の感情が色で分かるという司。嘘ばかりの大人の感情が透けて見える中で、信頼できる臨床心理士の美帆に出会う。少し暴走気味で突っ走りすぎてしまう美帆と司、栗原が彩の事件の真相を探っていく。衝撃の黒幕、耳を覆いたくなるような事件の動機、障害者を利用する大人など内容はショッキングであった。人の心の闇って恐ろしいと感じた。そんな中で司を自身の弟に重ね合わせて奔走する美帆の姿に圧倒された。人はどうしようもなく変われない部分もあるが、司と向き合い続け、成長した司を見ることができた美帆は清々しかっただろう。

2020/01/11

さぜん

柚月さんのデビュー作。臨床心理士の美帆は言葉が色で見えるという司の担当になる。施設で共に過ごした彩の死の真相を明らかにしないと彼の治療にならないと友人の警察官と共に調査を始める。そこには障害者施設の闇があり少女達が犠牲となっていた。歪んだ性癖を持つ男達の自分勝手な行動。真犯人の弱者にしか欲情しないゆえの犯罪に不快感しかない。かなり際どい描写もあり柚月さんの力量に改めて感服。

2020/01/31

キンモクセイ

臨床心理士の美帆は司という青年を担当することに。司が信頼しお互いを必要としていた少女の彩の死を受け入れることができずにいた。司は人の言葉が色となって見える不思議な能力がある。美帆は彩の死の謎を追い障害者施設の影の部分の解明に立ち向かっていく。重いテーマで凄く生々しい。実態が明らかになっていくと気持ち悪さがある。美帆の正義感が強い部分にそこまで出しゃばって大丈夫?と疑問に思ってしまった。後半は気持ち悪さが増して、そういう趣向が好みもあると思うが正当化するのは違う。自分の知らないダークな面に辟易してしまった。

2020/02/27

感想・レビューをもっと見る