読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

高校事変 II (角川文庫)

高校事変 II (角川文庫)

高校事変 II (角川文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-24
ISBN
9784041083963
amazonで購入する Kindle版を購入する

「高校事変 II (角川文庫)」のおすすめレビュー

ミリタリーファン必読! 松岡圭祐が生んだ“史上最恐のダークヒロイン”が、日本社会の闇に立ち向かう!

『高校事変 II』(松岡圭祐/KADOKAWA)

「千里眼」「万能鑑定士Q」「探偵の探偵」「特等添乗員α」「水鏡推理」…。どうして、松岡圭祐が描くヒロインたちは皆、こんなにも魅力的なのだろう。容姿端麗、頭脳明晰。瞬く間に解決されていく数々の事件。読者たちはページを読む手を止めることができず、気づけば、松岡が生み出す世界にのめり込んでしまう。

 そんな松岡の新シリーズ「高校事変」を、もうあなたは手にとっただろうか。この作品に登場する、女子高生・優莉結衣がもたらす衝撃は、あまりにも大きい。「史上最恐のダークヒロイン」とでも形容すれば良いだろうか。松岡圭祐といえば、「人の死なないミステリー」をイメージする者も多いだろうが、この作品は正真正銘のバイオレンス小説。ミリタリーファンの間で大好評のシリーズなのだ。

 このシリーズのヒロイン・優莉結衣は、平成最大のテロ事件を起こし死刑になった男の次女。事件当時、彼女は9歳で犯罪集団と関わりがあった証拠はないが、17歳になった今でも、常に警察や公安から目をつけられている。第1巻では、結衣の通う武蔵小杉高校に、総理大臣が…

2019/7/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「高校事変 II (角川文庫)」の関連記事

「殺したんです。生きるためです」施設への見学の道中に異変が…/ 松岡圭祐『高校事変Ⅲ』⑧

超ベストセラー作家が放つバイオレンス文学シリーズ第3弾! 前代未聞のダークヒロイン・優莉結衣が、シリーズ最強の敵、戦闘能力の高い元・軍人たちを相手に大活躍する…!?

『高校事変III』(松岡圭祐/KADOKAWA)

 角間が妙な顔になり、カバンからタブレット端末をとりだした。画面にタッチすると、名簿一覧が表示された。「中学部か。入学候補者は全員、私が直接訪問することになってるんだが」

 助手席の倉橋が振りかえった。「健康育児連絡会のほうでも、そんな話はきいてません。どこの推薦だろうと、うちを通すはずですが」

 タブレット端末の画面に指を滑らせながら、角間がつぶやいた。「優莉。優莉……。ないな」

 結衣も画面をのぞきこんだ。中学部名簿、ヤ行の欄は、山本の次が横井になっていた。優莉凜香の名は見あたらない。

 当惑をおぼえる。妹の動向を知りたくて見学にでかけたのに、学園長も橋渡し役も関知していないようだ。

 ふいに倉橋が声を発した。「おや。なんでここに入るんですか」

 クルマはいつしか公道を外れ、工場らしき敷地へと乗りいれていく。照明は消灯し、辺り一…

2019/11/19

全文を読む

エスカレートする一方の連続殺人魔、それが自分なのに/ 松岡圭祐『高校事変Ⅲ』⑦

超ベストセラー作家が放つバイオレンス文学シリーズ第3弾! 前代未聞のダークヒロイン・優莉結衣が、シリーズ最強の敵、戦闘能力の高い元・軍人たちを相手に大活躍する…!?

『高校事変III』(松岡圭祐/KADOKAWA)

 見学訪問を承諾した結衣の意思は、猪原の連絡により、夕方までに角間らに伝わったらしい。あわただしいことに、翌朝には迎えにくる、そんな返事を受けたという。

 葛飾東高校へは施設職員が電話してくれた。翌日の欠席は了承された、施設職員が結衣にそういった。映像の件が高校に知らされたかどうか、そこはきかなかった。どうせそのうちネットで噂になるか、マスコミが記事にするだろう。

 朝の暗いうちから、施設の雨戸は開け放たれる。窓の外に見える漆黒の空は、青みがかってすらいない。とはいえそんなに早くもなかった。冬のこの時期、日の出は午前七時近い。みな通学に備え、とっくに起きだしている。

 結衣は葛飾東高校の制服を着た。そうするよう指示されたからだった。スマホ充電用のUSBケーブルを、忘れずリュックにおさめる。階段を下りていくと、朝食の準備が半ば進んでい…

2019/11/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

高校事変 II (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

アクション派手派手で、バタバタと人が死んでゆくのは相変わらず。なのに平凡な内容。その要因を考えると、敵役の設定のせい。前作はテロリストグループだったのが、今回は強力なラスボス不在のまま、売春グループ(といっても二人だけ)/ヤクザ/金持ち/連続殺人犯をサクサク誅殺するだけ。特殊スキルも戦闘のためでなく、警察/公安から身をかわすために使われるのがほとんど。相手が強大だからこそ「半グレ集団に育てられたからって、そんなに強くなるか?」という、基本前提に目をつぶっていられたのに、悪い意味でそこら辺が浮いてしまった。

2019/08/04

海猫

印象を映画のタイトルで例えると「ダイ・ハード」の続編は「96時間」でした、といったところ。今回の敵はJKビジネスやら特権階級やらで現実感あるし、最近の出来事をスッと盛り込む、著者のフットワークの軽いことよ。前回は巻き込まれて反撃だったが、今回は犯罪組織に殴り込みなのでヒロイン・優莉結衣はより能動的に。精神的肉体的に強いわ頭はキレるし、迷いなく行動する。その上でバイオレンス度も前作よりアップ。血しぶき飛び散るが、殺される方は最低のクズたちなのでむしろ爽快。次巻への引きもあって9月に続編なので、楽しみに待つ。

2019/07/30

kou

相変わらずの結衣の凄まじい戦闘力&知識!!ヤクザ事務所で40人と戦いながら、寿司を摘まみ、コーラを欲しがるシーンは少しゾッとした(汗)。そして、「絶望したことないし」ってセリフが優莉結衣という人間を、色んな意味で表している気がした。

2019/10/03

ナイスネイチャ

ノンストップな展開で一気読み。主人公結衣が前回からパワーアップ。テロリストの娘として英才教育?を受けていただけに安心してページをめくって楽しめました。続編も楽しみ。

2019/12/08

Yunemo

暴力を自在に操る殺戮の天使、この表現につきます。でも何となく表面的な部分にもなるのかな。本当の姿がどういう感じで表されてくるのかも一つの楽しみ。少女が成長過程で自然に備わるはずの知識、センスが身についていない今、今後のこの分野での成長過程の表現をぜひに。ベースは犯罪のノウハウと生き抜く力、そして暴力を振るいたいという隠された欲求。本作の暴力団壊滅に向けてのアクションシーン、まさかレールガンまで、それを隠すアリバイ作りの緻密さ、読み応え有り。おにぎりの使い方までに著者の細かい視点があり、成程ね、との納得感。

2019/08/18

感想・レビューをもっと見る