読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いくさの底 (角川文庫)

いくさの底 (角川文庫)

いくさの底 (角川文庫)

作家
古処誠二
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-01-23
ISBN
9784041083994
amazonで購入する Kindle版を購入する

いくさの底 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目けんこと

戦争小説のミステリ。200弱の頁数で、狭い世界観であったがおもしろかった。解説によると、第18回ミステリ大賞の『屍人荘の殺人』とは僅か2票差だったらしい。

2020/03/10

達ちゃん

古処さん初読です。短いけど濃い戦争ミステリでした。

2020/12/08

torami

文庫化で再読。ビルマに駐屯中の日本軍の小隊で起きた殺人事件を描く。 幸いにして(?)大事な部分を忘れており、かなり新鮮な気持ちで驚くことができた。 終盤は本当に圧巻で、次々に明らかになる真実とその裏に秘められた思いに息を呑んだ。 悪いことをしたのは誰?どこで判断を間違えたの?犯人をどう処すればいいの?……様々な"?"が頭に浮かび、そして、その"?"が「戦闘状態の日本軍」というベールに覆われて姿を変える。 改めて、戦争小説としてもミステリーとしても素晴らしかったです。

2020/02/04

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

ミステリー作品は、苦手だけど再読。軍部の事情がよく分かる一冊でした。

2020/09/21

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

ミステリは、苦手だけど。第2次世界大戦モノ(日本帝国陸軍ビルマ戦線)で、興味本位で購入。軽い筆致(←初めて知った)で描かれた作品だそうだが、その根底の奥深さは感じて、面白かった。日本帝国陸軍の勢いがある時代の出来事だが、個人的には閉塞感を感じながら読む。ミステリ作品として、面白いのかどうか?は、分からなかった。

2020/03/10

感想・レビューをもっと見る