読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かわうそ堀怪談見習い (角川文庫)

かわうそ堀怪談見習い (角川文庫)

かわうそ堀怪談見習い (角川文庫)

作家
柴崎友香
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-02-21
ISBN
9784041084397
amazonで購入する Kindle版を購入する

かわうそ堀怪談見習い (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

fwhd8325

怪談とは言え、短いエピソードでつながれていく中で、奇妙な親近感を感じてきます。ゾッとするようなこともあるけれど、どこかほんわかとする感覚もあって不思議な物語だなと思いました。あっという間に終わってしまいました。

2020/03/14

はるを

🌟🌟🌟⭐︎⭐︎。1話完結全27話のエピソードを収録した長編小説。柴崎友香だし、発想も好きだし出だしも良かった。だけど日常なのか怪談なのか判然としない柴崎友香のお得意の漠然としたカンジが俺には退屈に感じてしまい半分くらいで飽きてしまった。読み終わってもあまり残らない。一週間もしたら全部忘れてしまいそうな内容が残念だった。結局どういう風なスタンスで読めば良いのか最後まで分からず仕舞だった。

2021/03/17

コットン

sinさんのオススメ本の短編集。主人公は、いつの間にか恋愛小説家のレッテルが張られそこから逃れるかのように怪談作家に変身するためネタを探す。日常生活の延長線上にある気づかないものも含めて怖い体験が綴られる。家にまつわる話が多く、話の終わり頃新たな恐怖に繋がりそうなところで終わるのも柴崎さんならでは。文庫本の書き下ろしの『鏡の中』が一番怖い。 #イベント【日本の夏は、やっぱり怪談】〈其の一・和編〉

2020/08/01

sin

怪談見習い中の彼女はその日常に潜む違和感を思い違いであるかのように表現していくが、少しずつ怪異が忍び寄る。取材で聞き取る怪談と身の周りの不協和音の積み重ねはやがて彼女の友人と体験した怪異の記憶を蘇らせる。淡々とした語り口が想像を刺激して「怖い」謂れがなくこの先の怪の行方も見えず「怖い」解を求めない主人公の遣り過ごし方が「怖い」思いがけず怖い作品に出逢ってしまった。

2020/02/28

おいしゃん

優しくも不思議な怪談小品集。雰囲気としては、川上弘美作品に近い。

2020/03/12

感想・レビューをもっと見る