読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ししりばの家 (角川ホラー文庫)

ししりばの家 (角川ホラー文庫)

ししりばの家 (角川ホラー文庫)

作家
澤村伊智
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-01-23
ISBN
9784041085431
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ししりばの家 (角川ホラー文庫)」の関連記事

『新耳袋』『残穢』…松原タニシと朝宮運河が選ぶ! 注目の「物件ホラー」ブックガイド

事故物件を転々と移り住み、いまや東京と大阪、沖縄にワケアリな自宅をもつ芸人・松原タニシさんとおそらく日本初の物件ホラーアンソロジーを編んだ怪奇幻想ライター・朝宮運河さん。インタビューでは〝家の怖さ〟について語っていただいた。松原さんと朝宮さんオススメの物件ホラー作品を一挙に掲載。松原さんが執筆に際し影響を受けた本もご紹介!

松原さんのセレクト

『現代百物語 新耳袋 第六夜』 木原浩勝、中山市朗 角川文庫 590円(税別) 「第九章、京都の幽霊マンションについての話がおすすめ。自分たちを見せ物にしようとする人間には、若い女の幽霊が『来たら後悔させてやる』と脅しをかける。離れていても行動を逐一見張られていることがわかったりもして、事故物件の中でも図抜けて気持ち悪いです」(松原)

 

『わざと忌み家を建てて棲む』 三津田信三 中公文庫 700円(税別) 「忌み地とされている場所に、凄惨な過去をもつ家を移築して合体させる。まさに事故物件のラスボスをつくりあげたらどうなるか、を検証した小説。そりゃあ、いやなことばかり起きるに決まってます。検証過程には共…

2020/8/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

ししりばの家 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夜間飛行

昔の級友から家に招かれるのは気が重い。優しかったおばあさんは寝たきりになり、床には砂が積もっている。微かな違和感…は、訪問を重ねるにつれ真っ黒な裂け目を見るような恐れと嫌悪に変わる。でも断れない。この辺り、人を断ち切れない心理は自分にも覚えがあるだけに気持悪かった。その生ぬるさのせいで、おぞましいものの全体像が現れるまでのっそりと肌を撫でるような時間が流れていく。このじれったさが何ともいえず怖い。家の中は外と違う時間が流れており、それが人間関係を歪める。魔物は家という空間および時間に住むのだろう。2017

2020/06/21

bookkeeper

★★★★★ 初読。夫の転勤で東京に引っ越してきた果歩。知らない土地、多忙ですれ違う夫婦生活。満たされない毎日を送る彼女は旧友の平岩と再会し、彼の家に遊びに行くが…聞こえて来る女の呻き声、そして部屋に降り積もった砂…そこは怪異に襲われた異常な家だった。  子供の頃に同じ家を訪れ、社会生活を送れなくなった男と、霊感を持つ比嘉琴子が「ししりば」に挑む。今回も怪異が強大無比。毎回比嘉さんは命懸けです。引きこもり生活の五十嵐君が勇気を出して怪異に、そして社会に対峙していこうとする姿が感動的。うーんハズレがないなぁ。

2022/06/19

アッシュ姉

家中に砂砂砂ああああ!おかしいのはこの家か、住人か、それとも私か。澤村さん五冊目。比嘉姉妹シリーズ前日譚。今までで一番怖くなかったが、吸引力は変わらずで一気読み。それにしても琴子姉さんヘビースモーカーああああ。

2020/11/04

ぶち

【ひとり怪談/ホラー祭り2022夏】家の守り神の話。でも、壊れていて機能不全で暴走している。そんなの神じゃないよ。家に住んでいる人を訪ねたら、その守り神に侵入者と誤認されて襲われる! 神のような圧倒的な力があるので、すごく恐いです。読んでいる間ずっと砂のジャリという幻覚を足の裏や口に中に感じていて、砂に恐怖を覚えてしまいました。でも、比嘉琴子が幼少の時代の出来事にきっちりとオトシマエをつけてくれました。猫好きの私ですが、指笛に応えて駆けつけてくる場面では、"ワンコ、カッコいい!"と思ったのでした。

2022/07/30

のり

家に取り憑く「ししりば」。この家に関わった者はことごとく精神を病み壊れていく。命の保証すらない。小学生だった「琴子」の転機になった一件から再び対峙するまでも蝕み続けた「ししりば」。異常現象もあたり前に流す思考に侵される。挙句操られ記憶まで…これを読んで家の中に砂が積もっていたら非常に怖い。琴子のリベンジマッチの結末はいかに…

2021/09/21

感想・レビューをもっと見る