読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

教室の灯りは謎の色 (角川文庫)

教室の灯りは謎の色 (角川文庫)

教室の灯りは謎の色 (角川文庫)

作家
水生大海
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-23
ISBN
9784041085523
amazonで購入する Kindle版を購入する

教室の灯りは謎の色 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソラ

何だろうなぁ、メインである女子高生の子は自分の過去と向き合ってちゃんとやり直していっててちゃんとしてるなって感じなんだけど、そこで終わりというか。探偵役の先生もあともう少しなにか欲しいなという感じで、話としてはよかったなぁだけで終わっちゃう感じ。

2019/10/13

山猫

なんだ、結局みんな逃げちゃうんだな。謎レベルは中学生向き。水生さんにはもっと歯応えのあるものを書いてもらいたい。

2020/01/31

くろねこ

謎を解くTHE探偵役の先生が寡黙かつツン強めで逆にキャラが薄いという謎の現象が起きてて、あんまり好きになれなかったのがネックだけど、ストーリーは嫌いじゃなかったなぁ。。 かと言ってどのキャラも特に肩入れなく…なんだか惜しい感じで終わっちゃった感じ😶

2020/09/30

きょん

学習塾が舞台の日常の謎。主人公が学校へ行きたくない理由や自分たちがいじめに加担していたことを忘れたい元同級生たちの存在など、学生生活を平穏に楽しく送るのが本当に難しそうで気の毒になる。そして気持ちが暴走しがちな子供たちを見守り指導する先生たちって本当に大変なんだと改めて頭の下がる気持ちになった。

2019/09/05

なにぬねのんたん(*^_^*)

=メモ=別版にて既読。/// 学校にいけなくなっちゃった高校生の話。こういうところがあると安心だね。私はレールから外れるのがこわいよ。どの話もがんばって解決しました。先生もすごいけど、それだけじゃないと思った。とてもよかったです。

感想・レビューをもっと見る