読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

牛姫の嫁入り (角川文庫)

牛姫の嫁入り (角川文庫)

牛姫の嫁入り (角川文庫)

作家
大山淳子
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-24
ISBN
9784041085608
amazonで購入する Kindle版を購入する

牛姫の嫁入り (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

大山さんが映画用に書いた脚本の小説化と言うことで、未だ映像にはなっていませんが面白かったです。三日月村の派遣忍者(忍者もハケンか)コウが任務に就いたのは、武家の長男と大名家の末娘の誘拐見合いを成功させること。早速、大名家に忍ぶれば牛のような大きな体の娘が夢中で饅頭を喰っている。表情も乏しく食う事だけが生きる全てと引きこもりすること10年間。ここからコウの手腕が発揮される。牛のような娘がいかにして大変身を遂げるのか?そうなのね、そうなのよ、うふふ♪コウの恋バナあり、人生の駆け引きあり、楽しめる作品。

2020/08/01

papako

久々の大山作品。すごく楽しかった!派遣忍のコウモリの二人組コウと守一、誘拐見合いのためにさるお姫様を誘拐しようとするが、そこには牛のように太ったお姫様がいた!脂肪の中に隠れて心も隠したお姫様。コウによって、自分を取り戻していく重姫。牛の隠蓑の中身はとってもキレイな女の子でした。それを見染める黒光、重姫を見守る佐久、家老の青木などなど魅力的な人たちがいっぱい。大山さんだし安心して読んでいましたが、うっかり泣かされました。そして作者のイーヨくんに会いたくなりました。うん、よかった!

2019/11/26

はるき

 絶世の美少女が食べ過ぎで牛並みの巨漢に…。潜んできた忍びが姫を美しくするために何だかんだ頑張ることで姫と忍びが友情を育んでいく。もっとドタバタコメディーにしそうな所を柔らかい筆致で枠に収めた感じが好印象です。人間は外見ではなく中身。でも、できる範囲で外見も磨こう。その方が女の子は輝くので!

2019/08/11

まき

牛のように太って心を閉ざしていた重姫が忍びのコウの力でだんだん心が開いてきてその素直で愛らしい美しい内面が表にまで現れる話。みんな良い人でホッとする。重姫の本質を見抜いた黒光はたいしたものだ。とても面白かった。

2019/12/05

ゆきりん

楽しく読了。凄腕の美人忍者、コウが依頼されたのは、謎多き美姫の誘拐(依頼主の息子との見合いのため)。が、美しいはずの姫は牛のように太っていて、見た目にも重量的にもとても誘拐できるような状況ではなく、成り行き上、ひと月で姫を美しくすることを約束するコウだったが…。本当の美しさとは??登場人物が全員良いひとなので安心して読めました。重厚感はないけれど、良いお話でした。

2019/10/10

感想・レビューをもっと見る