読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

毒牙 義昭と光秀

毒牙 義昭と光秀

毒牙 義昭と光秀

作家
吉川永青
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-11-29
ISBN
9784041086438
amazonで購入する Kindle版を購入する

毒牙 義昭と光秀 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ポチ

義昭の信長を貶めるための冷酷な思考・手段が凄い。どちらかというと暗愚のイメージがあっただけに新鮮さを感じる。対比する様に描かれた光秀の優しさと純真さが際立っていて面白く読了。

2020/01/27

まさ

足利義昭といえば盆暗な将軍というイメージだったのだけど、梟雄の印象を抱く。一方で描かれる明智光秀は優しさ故に苦悩し続ける武将ですね。各章を読み進め、閉じる度に眺める表紙にはその2人の姿が。好々爺のような翁面の下に、義昭の澱んだ眼差しや含み笑いが見え隠れする。隣の光秀はどうか。やはり苦悩の表情があるように思う。この2人に限らず関わる人物それぞれの思いが読み取れ、とてもおもしろく、興味深く読みました。

2019/12/17

みや@桃色日和

織田信長討伐を目指す足利義昭が明智光秀を翻弄する歴史小説。大半が義昭視点で描かれ、純粋で真面目な光秀を長期間かけて洗脳していく。義昭の策謀、その上を行く信長の苛烈さ、二人に挟まれた光秀の純真。シンプルな構図だが、信長視点が一切ないことで二人が信長へ抱く畏怖に自然と同調していった。だが、最も傷ついていたのは信長なのではないか。戦国の世とはいえ、こんなにも大人数から長年に渡って裏切られ続けたら不信と傷心に陥るとしか思えない。どの人物も方向は違えど純粋で、物語も綺麗に纏まり過ぎていたため、物足りなさが残った。

2020/02/12

サケ太

かつて流し込まれた毒が、その考えを呼び起こした。暗躍する足利義昭の冷徹な思考。織田信長を苦しめるための策の数々と犠牲にされた人々。生来の優しさこそが、毒を呼び起こしてしまった明智光秀。かなり面白かった。

2019/12/30

mitubatigril

大河シリーズ?光秀がなぜに裏切りを犯したのか 足利最後の将軍義昭は一乗院の門跡時代に公家衆との交流を持つ内に人滴しのすべを自然にその身に備えていく。兄の死去により後継として名乗り出良き時代の室町将軍家を復活させるべく動き出す。 信を置く家臣の細川藤孝より紹介され光秀と出会いその才を買うが繊細な人柄に信を置くのを躊っていた。しかし将軍としての権力を持つために信長を利用していた義昭は段々と信長とすれ違い裏切る為に光秀にを洗脳し利用をはかるこの目線の作品は初で読みごたえあり。 いかにもあり得そうで信じそうになる

2020/02/23

感想・レビューをもっと見る