読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Fate/Apocrypha (9) (角川コミックス・エース)

Fate/Apocrypha (9) (角川コミックス・エース)

Fate/Apocrypha (9) (角川コミックス・エース)

作家
石田あきら
東出祐一郎
TYPE-MOON
近衛 乙嗣
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-24
ISBN
9784041086902
amazonで購入する Kindle版を購入する

Fate/Apocrypha (9) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

★★★★★協力して「王冠・叡智の光」を退けた黒の陣営と赤のセイバーであったが、大聖杯は天草四郎時貞の手に落ち、自軍はサーバントを、行方不明のアサシンを入れて4騎も欠くという異常事態に。そんな絶望的な状況の合間の小休止を描く9巻。サーバントがマスターに見せる夢を中心に語られるのだが、FGOで多くのサーバントが登場しているお陰で、逆輸入的な描写が多くあったのが嬉しい。そして、今回の一番の魅力は、寝起きアストルフォきゅんからの変身バンクでいつもの衣装着装!だろうか。お前、今までそんなことやってなかっただろ。

2020/10/24

にぃと

決戦と決戦の間の巻。両陣営とも敵味方の整理を行うがこの巻ではジャンヌ陣営の見せ場が多め。まあ主人公チームだからといえばそれまでだが。ムジークさんやカウレスくんなど色んなキャラに見せ場があっていい。 後半からはサーヴァントとマスターの夢の話連チャン。みんな大好きブラダマンテちゃんもでてくる。かわいい。どんどんクロスオーバーしてほしい。 いよいよ次巻からは最終決戦…の前に黒のアサシン戦。期待。

2020/10/28

だいらかずよ

所々で笑わせてくれてほのぼの巻だった(笑)黒のライダーほんとに男の娘なのねジャンヌの焦りっぷりがwww

2020/11/28

毎日が日曜日

★★★

2020/10/25

金目

アヴィケブロンの巨人を討伐してからのインターミッション回。シロウ陣営とユグドミレニア陣営がそれぞれ目的を確認して、いざ決戦、の前に黒のアサシン問題が浮上する。獅子劫とモードレッドの会話は相変わらずかみ合ってて良い。ゴルドさんの覚醒も名シーン。各英霊の過去描写では、FGO既出組は結構描かれてるけど、ローランはまだだめかぁ

2020/10/29

感想・レビューをもっと見る