読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

内側に耳を澄ます つれづれノート36 (角川文庫)

内側に耳を澄ます つれづれノート36 (角川文庫)

内側に耳を澄ます つれづれノート36 (角川文庫)

作家
銀色夏生
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-10-24
ISBN
9784041088227
amazonで購入する Kindle版を購入する

内側に耳を澄ます つれづれノート36 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆきらぱ

お楽しみ、銀色さんの日常エッセイ 最近は発売されると わー出てるありがたい!と思える程嬉しい。正直さ、率直さがいいのかなーと思ってますが、なんと!今回貯蓄の金額もさらりと書いてあります。3000万円。さすがなような、もっとあっても良さそうな?そのうち1割強を投資で失っていた。ハラハラする。体重も書いてあった。色々強い。

2019/11/28

りえこ

ずっと読んでいるシリーズ。普通の日常が面白いなーと思います。

2019/11/02

アルパカ

思ったより庭に植える植物の内容が多い。あまり興味がないのでちょっと辛かった。サク君やカーカもほとんど出てこない。「この先もう楽しいことはないってわかったから、なにか楽しいことを自分で見つけないとと思って、それほどやりたいわけでもないけど庭仕事をしてる」「人生において、自分が願っていたすごいことを、何かや、誰かが、私にくれない」っていう部分にとても共感してしまいました。受け身では何も得られない。自分から何かしていかないと。

2020/02/14

りえまま

5巻くらい前から読み始めただけなのに、ずっと前から読んでいるような感覚。その時その時の思いを正直に綴られていて、共感したり、感心したり。最近は新刊が出るのが楽しみになった。

2020/02/22

ひとちゃん

いつも行く本屋さんとは違うお店で偶然目にしました。懐かしいお名前、何十年も前に私が初めて写真詩集というのを知った銀色夏生さん!当時の、詩集を見て感じたトキメキやら託した思いやらが蘇り、中身も見ずに買ったのですが・・。うーん、東京でのジム生活と宮崎での庭作りが綴られているばかりで、日記にしてももうちょっと日々思うことを書いて欲しかったなあと思わなくはないかな?。でも現在も息災のご様子がわかり、(本で)再会できたことに感謝です。

2020/03/04

感想・レビューをもっと見る