読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (3) (角川コミックス・エース)

すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (3) (角川コミックス・エース)

すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (3) (角川コミックス・エース)

作家
横田卓馬
伊瀬勝良
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-11-26
ISBN
9784041088548
amazonで購入する Kindle版を購入する

すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (3) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レリナ

いい青春してるね。徐々に自分の気持ちを理解してきた節がある。それぞれの恋模様に変化が見られ、面白くなってきた。慧美と八雲、はじめ、同じカードゲーム仲間の枠を越えつつある関係性は悪くないね。これは次巻からの話の展開が楽しみになってきた。冒頭の話はどこに繋がるのか、楽しみ。はじめ自身も気持ちの変化に気づき始めているので、どんな恋愛模様になっていくのか、主人公らしい行動を見せてもらいたい。来島との一戦どんな結果になるのか、気になる。次巻に期待。

2019/11/27

トラシショウ。

「恐怖の大王がやって来るのを待っていた。だけど今は少しだけ、ほんの少しだけ、「この世界がいつまでも続けば良いのに」って思うんだ」。緩やかに一進一退なはじめと彗美の関係を他所に、新たに発売されたMTGのエクスパンション「ウルザズ・サーガ」にどのプレイヤーも翻弄されていく。のちに多くの禁止カードを排出する事になるこのブースターにより大きく戦略を変えざるを得なくなる中、自身の黒単色デッキの洗練に成功するはじめだが、そこへ「片翼の戦士」を名乗るプレイヤーが現れて・・・。上手い事掻き回すなぁ(以下コメ欄に余談)。

2019/12/09

しぇん

相変わらず素晴らしいラブコメ漫画。Mtgのルールが解らないのはともかく合間に入る不穏なモノローグが気になる所です。君のいない世界とは……?まぁ4角関係気味になってきてますが主人公二人の関係が強すぎますからね。カード一緒にあける約束とか素晴らしいですね。続きも楽しみです

2019/12/01

わたー

★★★★★2012年。再びの終末を迎えつつある世界とかつての相棒たちを前に、彼女は何を想うのだろうか。意味ありげな描写だけを残し、舞台は1998年へと。新エキスパンション、ウルザブロックの発売と変わりゆく関係。恋愛模様も輪をかけて面白くなってきた最中、加納の前に立ちはだかるマジック史上類を見ないほど美しく極悪なコンボデッキ。勝ち目は皆無だと思うのだが、どうするのだろうか。それはそうと、彼女のいないところで彼女を巡って、彼女の気持ちは考えずに勝負をする…なんて青臭くて中学生らしいのだろうか。

2019/11/26

UN88

青臭い...だがそれがいい。恐怖の大王は来なかったし、マヤのカレンダーもはずれ。次はフォトンベルト?次元上昇?ノスタルジックな90年代青春グラフティ。おじさん落ち込んでたけどちょっと元気でました。シャオちゃん出てきた時にグハァって声出ました。懐かしすぎて涙出てくる。 慧美ちゃんと八雲ちゃん..ビアンカとフローラくらい悩むよね。一択だけど

2019/11/27

感想・レビューをもっと見る