読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジャパン・トリップ (角川文庫)

ジャパン・トリップ (角川文庫)

ジャパン・トリップ (角川文庫)

作家
岩城けい
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-03-24
ISBN
9784041089859
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャパン・トリップ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち

夏休みの読書。日本に交換留学に来たオーストラリアの小学生たち。その中のショーンとハイリー目線で語られる中編2本。言葉の壁、文化の壁、その中での貴重な体験…ショーンやハイリーの気持ちになったり親の気持ちになったりしつつ、一緒に体験したような気になりました。コータ先生大変だな。しかし今行ったらUSJに必ず立ち寄りそうですね…。

2020/08/22

NAOAMI

日本への交換留学に参加したオーストラリアの小学生、日本語を教える光太朗が軸。会話だけ次々進むシーンが随所にあるが不思議と誰の発言か解らなくなることがない。クールを気どるショーンのホストファミリーの動揺とかあっけらかんとした対応が最高。ショーンがオトーチャン・オカーチャンと口にするたび、こみあげる何かがあって送別場面はうるっとくる。ハイリーのエピソードも日本人としては反省かも。異国目線のおもしろ日本的にも発見があって楽しいし、ローティーンならではの内面がよく描かれている。キャラ設定にも深みがあり丁寧な物語。

2020/04/16

こばゆみ

オーストラリアの留学生が、日本で3日間ホームステイするお話。大まかに分けると、和菓子屋の賑やかな家庭に泊まるクールな少年と、英語が堪能な家庭に泊まる日本語を学びたい少女の2本立て。少年の話はベタだけど泣けたし、少女の話は留学生を受け入れる立場の人は読んでおくと良い心構えができると思う(^^)。これは中高生にぜひお勧めしたい。

2021/02/21

かうま

単行本で既に読んでましたが、書き下ろし部分と解説を読みたくて文庫版購入。岩城さんの言語に対する気持ちが垣間見えるようで面白い。「日本語をしばらく使っていないと、日本語がわたしのことを忘れちゃうんじゃないか」「文字は本当に冷たい。いつも紙の上でおすまししちゃって簡単にはなついてくれない」など。エピソードはとても分かりやすく温かいものなので、ぜひここに出てくる子供たちとおなじ5,6年生あたりにも読んでほしい。もっと有名になっていい本だと思うんだけどな。。

2020/04/15

JUN

日本って親切な国なんだろうけど 色んな親切が入り混じってて人によっては すごく難しい場所だと思う。

2021/09/13

感想・レビューをもっと見る